Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 二刀流大谷、MVP=30人全員から1位票―米大リーグ

二刀流大谷、MVP=30人全員から1位票―米大リーグ

Short Url:
19 Nov 2021 09:11:45 GMT9
19 Nov 2021 09:11:45 GMT9

ロサンゼルス時事: 米大リーグの最優秀選手(MVP)が18日発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平選手がメジャー4年目で初めて受賞した。全米野球記者協会の記者30人による投票で、全員の1位票を獲得。満票で選出されるのは、2015年ナ・リーグのブライス・ハーパー外野手(当時ナショナルズ)以来、6年ぶり。

今オフ、受賞ラッシュが続く大谷は選手間投票による年間最優秀選手(プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)にも選ばれており、選手と記者のいずれからも最高評価を受けた。

最終候補に残ったブルージェイズの2人は、本塁打王(48本)のブラディミール・ゲレロ内野手が2位、マーカス・セミエン内野手は3位だった。ナはハーパー(フィリーズ)が2度目の受賞。

大谷は今季、投打の「二刀流」に本格復帰して計158試合に出場。打者で46本塁打をマークし、投手では9勝を挙げた。メジャー1年目の18年に投手で4勝し、打者で22本塁打を放って新人王に選ばれたが、同年オフに右肘の靱帯(じんたい)再建手術を受けて19年は打者に専念。昨季は投手復帰を果たしたものの登板は2試合だった。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top