Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • Gulfood 2022に日本の出展者が日本の味を持ち込む

Gulfood 2022に日本の出展者が日本の味を持ち込む

日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
日本パビリオンでは、21社以上の出展者がさまざまな食品や飲料を紹介した。
Short Url:
03 Mar 2022 06:03:06 GMT9
03 Mar 2022 06:03:06 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ:2月13日から17日までUAEで開催された第27回Gulfood(ガルフード)に日本パビリオンが復活し、この地域で自社製品を販売することを目指す多くの日本企業が参加した。

日本貿易振興機構(JETRO)が後援するGulfoodの日本館では、キユーピー、柴沼醤油インターナショナル、第一食品といったビッグブランドを含む30社以上の出展者が、さまざまな食品や飲料を紹介した。

JETROドバイで農林水産・食品部門の責任者を務める反町俊哉氏は、「日本パビリオンは毎年、Gulfoodに参加してきました」と述べた。

「昨年の展示会は、日本とドバイをインターネットで結び、来場者に意見交換や商談をしてもらう形で開催しました。今年は、従来の対面での意見交換と商談に戻すことができました」

「パンデミック下での開催ということで、日本企業の参加は少ないと予想していましたが、21社が参加してくれました」

反町氏によれば、この地域で日本食レストランが普及したおかげで、日本の食材に対する需要が増えているという。日本の味の基礎となる特定の調味料を販売する企業もあった。

また、デザート、お茶、お米を扱う企業の他に、寿司の材料に関連する企業も参加していた。

「この機会に、日本製品の本当の味を中東の人たちに知ってもらいたい」と、反町氏は付け加えた。

次回のGulfoodは、2023年2月20日〜24日に開催される予定だ。

特に人気
オススメ

return to top