Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本の山下がAFCチャンピオンズリーグの試合で女性として初の主審を務める

日本の山下がAFCチャンピオンズリーグの試合で女性として初の主審を務める

山下良美審判員。(ロイター)
山下良美審判員。(ロイター)
Short Url:
22 Apr 2022 08:04:11 GMT9
22 Apr 2022 08:04:11 GMT9

クアラルンプール:アジアチャンピオンズリーグのグループステージにおいて、オーストラリアのメルボルンシティが韓国の全南ドラゴンズと対戦した試合で、日本の山下良美が女性として初めて主審を務めた。

山下は、副審の坊園真琴および手代木直美のサポートを受け、アジアで最も高い階層の男子クラブ大会で試合を取り仕切った。3人とも日本の女性である。

「彼女たちの選出は、あらゆるレベルで女子の試合を強化・発展させるという、(アジアサッカー連盟の)コミットメントをより強固なものにします」と、運営組織は述べている。

メルボルンは木曜、タイで行われた試合で、前半にカール・ジェンキンソンとアンドリュー・ナバウトがゴールを決め、全南を2-1で下した。

山下、坊園、手代木の3人は2019年に、アジアで2番目の階層となるクラブ大会「AFCカップ」で、試合の審判を務める初めての女性だけのチームとなった。

AFCはアジアで女子サッカーの試合を盛り上げるための取り組みとして、来年には女子版のチャンピオンズリーグを立ち上げることを予定している。

AFP

特に人気
オススメ

return to top