Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • デザイン思考 人間中心のイノベーションへのアプローチとは

デザイン思考 人間中心のイノベーションへのアプローチとは

イノベーション・ワークショップの様子。(提供)
イノベーション・ワークショップの様子。(提供)
Short Url:
27 Apr 2022 03:04:49 GMT9
27 Apr 2022 03:04:49 GMT9

ナダル・サモーリ

デザインとは、創造の過程において、個人のクリエイティビティを解放することである。デザイン思考(Design Thinking)においては、ターゲットユーザーへの共感から始まり、デザインの対象者を理解し、その形だけではなく、文脈や文化を理解することが必要となる。

デザインによって変化を生み出してきた世界的なデザイン会社IDEOは、このデザイン思考の定義を体現している。IDEOの会長であるティム・ブラウン氏は次のように述べている。「デザイン思考は、デザイナーのツールキットから始まる、人々のニーズ、テクノロジーの可能性、ビジネスの成功のための要件を統合する、人間中心のイノベーションへのアプローチである」

人間の表現に新たな次元を生み出すにはどうしたらいいのだろうか?この問いが、イノベーションの原動力となる。

「デザイン思考の考え方自体は、新しいものではありません。歴史を通じて、優れたデザイナーは人間中心のアプローチを適用し、意味のあるソリューションを構築してきました」。マイラム・エージェンシーのデザイン&イノベーション部門のチーフエグゼクティブであるノウワ・アボウ・アルワン氏は語る。

ナッシブ・ハダド氏もデザイン思考の持ち主である。IBMのUAE支社でユーザーエクスペリエンスの促進やデザインのリードを務めている彼は、こう続ける。「デザイン思考は、一般に考えられているものとは異なります。これはデザインに関する方法論ではなく、人間中心の方法論なのです。すべてのビジネスは、その成功のまさに中核に、人間の満足があるのです」

世の中が問題に満ちていることは誰も否定できない。デザイン思考は、こうした、増え続ける問題に取り組むための方法として発展してきた。人々の固定した思い込みにあえて挑戦し、代替案を模索し、今までは存在しなかった選択肢を生み出すために。

自身をイノベーション・コンサルタントと紹介するナタリー・エル・ハリリ氏はこう語る。「私は、問題に直面したとき、アイデアや状況に行き詰まったとき、デザイン思考の手法を使って、複数の革新的な解決策から選択するようにしています。入社した当初は、すべてのステップを踏むのに時間がかかり、考えすぎてしまうこともありました。また、考えすぎて決断が難しくなることもありました。今では、何度も練習した結果、デザイン思考のステップをいつでもどこでも適用できるように自分の頭がプログラムされているような気がします」

統計や数字にとらわれず、個人のストーリーをもとにした定性的な共感から、多くのソリューションが生まれる。このような深いニーズと融合し、その深層心理を直接観察することは、イノベーションを生み出すための鉱脈となる。

アボウ・アルワン氏は次のようにデザイン思考の工程を解説する。「このプロセスでは、鮮明な経験を元にデザインすることではなく、正しく問いを理解することが重要です。多くのデザイン思考の方法論とフレームワークは、ユーザーとそのニーズ、そしてその動機の深い理解を軸とした『共感』フェーズから始まります。『定義』フェーズでは、リサーチを元にデータを抽出し、問題を定義します。そして、ブレインストーミングを行い『概念化』のステップに移行します。『プロトタイプ』フェーズでは、アイデアの触覚的表現を構築し、実現可能性は考慮せず、製品の理想的な姿を模索することを促します。最後に、『テスト』の段階では、ユーザーへのフィードバックと検証を、実装前に繰り返します」

デザイン思考をする人は、実際にやってみることでそれを学ぶ。そのため、掃き出したアイデアを素早くシンプルなプロトタイプにして、実世界で起こりうる結果をテストする。しかし、一体なぜ「デザイン思考」が必要なのだろうか? それは、このプロセスが、より大きな創造性とより効果的な解決策を目指す学際的なコラボレーションのための統一言語を提供するものだからである。

日本では、デザインがいかに人々を受け入れることができるかを示す、さまざまなデザイン思考の実例がある。例えば、日本では秩序を重んじることで、様々な工夫がなされてきた。電車の到着を待つ駅の行列の目印は、到着する電車によって異なる。それは、行列の整理整頓に役立っている。また、タクシーの自動ドアの開閉は、運転手が車から降りて対応する手間を省くため、時間を大切にする日本ならではの工夫である。

また、日本では空間を節約するという習慣があり、これもイノベーションの原動力となっている。トイレの貯水槽の上にシンクを設置するのは、通常のバスルームのデザインに挑戦する一例である。手を洗った水が貯水槽に溜まり、次の水洗に使われるため、省スペースであるだけでなく、節水にもなる。また、一つの水栓で、洗面台と浴槽を交互に行き来できるのも省スペース化のポイントとなる。また、日本のインテリアデザインの定番である引き戸は、木と紙で作られた省スペースの賜物である。

イノベーションは、洗練されたものである必要はない。雨の日に大衆の移動を容易にする透明なビニール傘や、両親のため、バスルームに折りたたみ椅子を設置するようなシンプルなものでも良いのだ。

イノベーションとは、人々が変化に対応し、斬新な機会を探り、時代の変化に対応し、そして最も重要なことは生活を向上させることである。

特に人気
オススメ

return to top