Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノン空手連盟会長、旭日単光章を受章

レバノン空手連盟会長、旭日単光章を受章

国際松濤館空手連盟レバノン支部のファーディ・アウン会長は、日本の大使から勲章を授与された。(Arab News)
国際松濤館空手連盟レバノン支部のファーディ・アウン会長は、日本の大使から勲章を授与された。(Arab News)
Short Url:
05 Sep 2022 10:09:40 GMT9
05 Sep 2022 10:09:40 GMT9

アラブニュース・ジャパン

ドバイ:9月1日、国際松濤館空手連盟(ISKF)レバノン支部のファーディ・アウン会長は、日本の大久保武大使から名誉ある旭日単光章を授与された。

大久保大使はバアブダの日本大使公邸において、レバノンにおける空手の普及、ひいては両国の関係強化へのアウン会長の貢献に感謝の意を表した。

また、同大使は授与式の様子をツイッターに投稿し、次のようにコメントした。「本日、ISKFレバノン支部会長であるファーディ・アウン氏に『旭日単光章』を授与しました。レバノンにおける空手の普及と日本とレバノンの友好関係の促進への同氏の長年にわたる多大な貢献を称えてのことです。これからもレバノンの若者を教育し彼らの内なる強さを啓発していただきたいと心から願います。おめでとうございます!」

アウン氏はこれに対し、レバノンと日本の関係の深さを強調し、レバノンでの武道の普及に対する日本政府の支援に感謝した。

両者は、二国間関係を強化すること、またレバノンが直面している困難な時期を国民が乗り越えられるよう希望を与えることで合意した。

授与式には、レバノン日本協力協会のファリド・ブスタニー会長のほか、家族やスポーツコミュニティーの友人らが出席した。

 

特に人気
オススメ

return to top