Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ミャンマーの軍事クーデターに抗議するため東京に1000人以上が集結

ミャンマーの軍事クーデターに抗議するため東京に1000人以上が集結

参加者らは、クーデターで拘束されたミャンマーの事実上の指導者であるアウンサンスーチーら政治家の釈放を求めた(AFP通信)
参加者らは、クーデターで拘束されたミャンマーの事実上の指導者であるアウンサンスーチーら政治家の釈放を求めた(AFP通信)
Short Url:
01 Feb 2021 10:02:41 GMT9
01 Feb 2021 10:02:41 GMT9

東京:ミャンマーの軍事クーデターに抗議するため、ミャンマー人を含む1000人以上が東京の国連大学本部ビル前に集まった。

参加者は、ミャンマーの事実上の指導者であるアウンサンスーチーをはじめ、クーデターで拘束された政治家の釈放を求めた。

参加者はスーチーの写真を持ち、彼女の政党である国民民主連盟のシンボルカラーである赤を基調とした帽子やTシャツを着ていた。

抗議行動に参加した26歳の交換留学生、フニン・ウット・イーは、自分の国が「過去の軍事政権時代に逆戻りしてしまう」と心配しているという。

「それは間違いなく国にとって良いことではない」と彼女は述べる。「だからこそ、私たちはここで気持ちを表現しているのです」

「日本中のビルマ人が泣いています」と、ミャンマーの別名を使って飲食店で働くウィン・キョウ(55)は嘆く。

「誰も軍のやり方を受け入れません」と彼は怒りを込めて言う。

東京のミャンマー料理店「ミンガラバ」のオーナー、ユユ・ワイ(58)は、「軍事政権が復活すれば市民は自由に発言できなくなります」と懸念を表明した。

「拘束されたすべての人々が無事に解放され、平和的に協議が進むことを願っています」と彼女は付け加えた。

「ヤンゴンにいる両親と連絡が取れません」と話すのは、NPO法人日本ミャンマー文化センター代表のマー・ヘイ・マーだ。ヤンゴンはミャンマー最大の都市である。

「私たちは軍事政権によって抑圧されていましたが、スーチーは民主化を推し進めました」とセンター長は付け加えた。「もう少し活動を続けてほしいです」

時事通信

特に人気
オススメ

return to top