Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ロシアの空爆によりシリアでダーイシュ過激派21人が死亡

ロシアの空爆によりシリアでダーイシュ過激派21人が死亡

政府の同盟国であるロシアによる相次ぐ空爆で、過去24時間にシリア砂漠で少なくとも21人のダーイシュ過激派が死亡した。(ファイル/AFP)
政府の同盟国であるロシアによる相次ぐ空爆で、過去24時間にシリア砂漠で少なくとも21人のダーイシュ過激派が死亡した。(ファイル/AFP)
Short Url:
21 Feb 2021 02:02:13 GMT9
21 Feb 2021 02:02:13 GMT9
  • ロシア空軍によりダーイシュを標的として過去24時間に行われた130回以上の空爆で21人が死亡した

ベイルート:監視団が土曜日に述べたところによると、政府の同盟国ロシアによる相次ぐ空爆で、過去24時間にシリア砂漠で少なくとも21人のダーイシュ過激派が死亡した。

シリア人権監視団は、「過去24時間に、アレッポ、ハマ、ラッカの州境の地域でダーイシュを標的とし、ロシア空軍によって行われた」130回以上の空爆で21人が死亡したと述べた。

英国を拠点とする監視団によると、金曜日の政府と連合軍に対する一連のダーイシュ攻撃で親ダマスカス民兵の少なくとも8人のメンバーが死亡したことを受け、この襲撃は土曜日まで続いた。

ここ数ヶ月、アラビア語でバディアと呼ばれる広大な砂漠は、ロシア空軍の支援を受けた過激派と政府軍の間で一層頻繁な戦闘舞台となっている。

ダーイシュはシリアとイラクの大部分を制圧し、2014年に国境を越えた「カリフ国」を宣言した。その後、両国での複数の攻撃が領土の敗北につながった。

過激派は、主にホムスの中央州からイラク国境まで広がるバディア砂漠で攻撃を進め続けている。

監視団によると、これらの衝突で1,300人以上の政府軍兵士が死亡し、145人の親イラン民兵と750人以上のダーイシュ民兵が死亡した。

2011年のシリア内戦勃発以来、387,000人以上が殺害され、数百万人が家を追われた。

特に人気
オススメ

return to top