Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • シリア政権は米国の制裁への「屈服」を拒否

シリア政権は米国の制裁への「屈服」を拒否

シリアのワリード・ムアッリム外相はダマスカスで、シリア国民が望む限りバシャール・アサドは大統領に留まると語った。 (AFP)
シリアのワリード・ムアッリム外相はダマスカスで、シリア国民が望む限りバシャール・アサドは大統領に留まると語った。 (AFP)
Short Url:
24 Jun 2020 05:06:55 GMT9
24 Jun 2020 05:06:55 GMT9
  • 中央銀行は、シーザー法による措置を見越して通貨が下落したのを受け、ポンドの切り下げを実施した

ダマスカス:火曜日、シリアは、最近の米国の制裁の下でのワシントンの要求に「屈服」することを拒否する と、ワリード・ムアッリム外相は述べ、その唯一の目的はバシャール・アサド大統領の支持を弱体化させることにあると非難した。

「彼ら(ワシントン)がシリアとその人々が彼らの条件に屈することを夢見ているとしたら、私は彼らにずっと夢を見ているがいいと言うでしょう。そんなことは決して起こりませんから」とムアッリムは、シーザー法が発動されてからほぼ一週間後、ダマスカスでの記者会見で語った。

米国の当局者によると、この法律で定められた制裁は、シリアにおける停戦、選挙、および政治移行を要求する2015年の国連安全保障理事会決議第2254号を受け入れることをアサドに強制することを目的としている。

しかしムアッリムによれば、本当の目的は、来年予定されているシリアでの「大統領選挙に影響を与えること」であり、投票を前にアサドへの支持を弱めることにあるという。

「アサド大統領はシリアの人々が望む限り政権に留まる」と外相は強調した。

先週の水曜日に発動されたシーザー法は、アサドに協力する企業を米国の法律の下で処罰するもので、シリアの再建の取り組みに暗雲を投げかけるものである。

これは、人権侵害に対する説明責任なしにアサド政権との関係正常化を防ぐことを目指しており、米国による復興支援も阻止するものである。

最初の制裁対象として、アサドとその妻アスマー(彼女が米国の制裁措置を受けるのは初めて)を含む39人の個人または団体が指定されている。

マイク・ポンペオ国務長官はこの制裁を、「アサド政権が戦争を行いシリア人に対する虐殺を行うための収入と支援を断つための、持続的な経済的および政治的圧力キャンペーンの始まり」と呼んでいる。

ムアッリムは、そのようなコメントは「嘘の合唱」の一部であり、「シリアの人々の利益を追求する人々は彼らの生活に陰謀を企てたりしないだろう」と主張した。

シリア人は、この最新の制裁措置を「国の経済を前進させ、自給自足を達成し、友人や同盟国との協力を深める機会」として利用するべきだと彼は言う。

ロシアとイランに支援されたアサドは、38万人以上の人々を殺害し、戦前の人口の半分以上の難民を生んだ9年にわたる戦争の末、シリアのほとんどの支配権を取り戻している。

ムアッリムは、この制裁は圧力をかけてシリアに「同盟関係と抵抗への支持を放棄させ、イスラエルとの関係正常化に乗り出させる」ことに失敗するだろうと語った。

シリアは制裁によりさらに悪化した深刻な経済危機に瀕している。シーザー法が発動されたのと同じ日、シリアの中央銀行は、米国の措置を見込んでブラックマーケットで通貨が数週間下落したのを受け、ポンドの切り下げを実施した。

AFP

特に人気
オススメ

return to top