Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フランスがレバノンのフランス語を話す私立学校の救援に乗り出す

フランスがレバノンのフランス語を話す私立学校の救援に乗り出す

23 Jul 2020
ベッカー地方中央部のレバノンの都市、ザフレにあるアワ・レディ・オブ ルルド聖母学校の空の教室。2020年6月30日(AFP)
ベッカー地方中央部のレバノンの都市、ザフレにあるアワ・レディ・オブ ルルド聖母学校の空の教室。2020年6月30日(AFP)
Short Url:
Updated 23 Jul 2020
23 Jul 2020
  • 「緊急対策はかすかな希望の光であり、まさにフランス語圏精神そのものです」とアントワーヌ・アブチ議員は言う
  • アントワーヌ・アブチ:レバノン人の家族の大半は、子供たちに可能な限り最高の教育を与えるために悪戦苦闘し、想像を絶する犠牲を払っている

アラブニュース

ベイルート:ベイルートのフランス大使館は、2020/2021学年度に私立のフランス語校およびフランス語を話す学校に在籍する学生の教育に対し、財政的支援を提供する緊急対策を発表した。

フランスのブルーノ・フシェール駐レバノン大使は、フランス教育省およびAEFEによって認可された学校の校長にこの決定を伝えた。

この発表は、レバノンにおいて前例のない経済的および政治的危機が起こり、米ドルに対する同国の通貨の価値が大幅に下落した最中に行われた。

フランスは、生徒1人当たり750万レバノンポンド(5,000ドル)を上限として、45の認定校の非フランス人家族に数百万ユーロの資金を提供する予定である。

「今日、このような困難な時代にあって、フランスはレバノンを姉妹の愛と親の愛情で受け入れ、子供たちに質の高いフランス語教育を与えることに努力しているレバノン人家族に支援の手を差し伸べてくれます」と、ジュニーエのカレッジ・セントラルの校長であるエリー・サーデ神父は、アラブニュース・アンフランセに語った。

フランス在外教育庁(AEFE)は、継続教育に関して認定校のスタッフに対し深く関与して来ている。

アラブニュース・アンフランセとのインタビューにおいて、議員連盟「ストロング・リパブリック」のメンバーで、議会の教育・高等教育・文化委員会に所属するアントワーヌ・アブチ議員は、「レバノン人の家族の大半は、子供たちに可能な限り最高の教育を与えるために悪戦苦闘し、想像を絶する犠牲を払っています」と語った。

「親はもはや学校の授業料を払う余裕がありません。これは、レバノンがわずか数か月あまりのうちにどれだけ貧しくなり困窮するようになったかを示しています。フランス大使館によって発表された緊急対策は、さまざまな経済的および政治的危機により閉校の脅威にさらされている認定校への支援とサポートを提供するものです。それはまた、多くの子供たちに適切な教育を提供できないことによりレバノンの教育システム全体が、そしてレバノンが崩壊することも防ぐものとなります」とアブチ氏は言う。

彼は、「 緊急対策はかすかな希望の光をもたらします。まさにフランス語圏精神そのものです。レバノンの学校では、主な言語はフランス語ですが、モリエールの言語の遺産により、何世代にもわたるレバノンの学生が世界に目を開き、批判的思考を発展させることができました。それは、文化や、再帰性、分析、および横断的スキルの開発に基づく教育方法に使用されています…これらの学校からそれらが根絶してしまったら、彼らの学習プロセスにマイナスの影響があったに違いありません。」と語った。

アブチ氏は言う。「この緊急対策は、差し迫った対応の必要性についてのやり取りをした後、危機への対応として生まれました。しかし、問題は腐敗との戦いと法の執行を通じて構造的に解決されるべきです。CEDRE会議(レバノン経済支援のための国際的ドナー・投資家会議)と世界銀行が提唱する改革の実施も必要になります。」

2020-2021学年度における経済的および健康上の課題について尋ねられたアブチ氏は、次のように語った。「デジタル教育法の採決は、レバノンの高等教育にとって非常に重要なステップとなるでしょう。これは学生に彼らの学位が有効であることを保証するステップとなります。同様に、短期的には、コロナウイルス危機の間、通信教育とオンラインによる評価が行われました。法案は、学術的観点から実施されたことを立法化するものです。学校に関しては、委員会は新学年度の開始に備え、ブレンディッドラーニングの提案を用意する必要があります。公立学校における教師の研修も優先事項です。」

「4万人の学生が、来年、公立の学校に入学する予定です。親が子供を私立の学校に送る余裕がなくなったからです」とアブチ氏は言う。「レバノンの経済危機により、多くのレバノン人が失業したり、給与を削減されたりして、多くの家族が、2019/2020学年度中に私立学校から子供たちを排除することを余儀なくされました。COVID-19が発生するはるか前のことです。」

「1月20日に教育省により提供されたデータによると、レバノン人家族が家計に苦しんでいる兆候として、39,189人の学生が学年の途中で私立学校から公立学校に転校しました。これは、9月の初めに登録されたレバノン人の子供の数、26万人と比較すると、15%以上の増加となります。2020/2021学年度には、学生の30%が私立学校を離れて公立学校に転入すると推定されています。」

「すでに設備が整っておらず、過密状態の公立学校は、このような追加の負担には耐えられません。これらの学校は、2011年に隣国で戦争を免れた数十万人のシリア難民の子供たちを迎え入れ、レバノン人以外の学生の数は3,000人から21,000人に増大しており、レバノン人の学生とほぼ同じ数になっています。この前例のない流入に対応するため、公立学校は、新しい外国人学生を受け入れるために午後も学校を開いています」とアブチ氏は言う。

彼は、「レバノンの領土における公立学校の不均衡な分布も大きな問題です。この全体的な状況は、私立学校の授業料を支払うことができないため、あるいは公立学校に通える場所に住んでいないために、学校を中退する危険に追いやり、学生の学校生活を危険にさらしています」と締めくくった。

topics
Most Popular
Recommended

return to top