Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トルコのエルドアン大統領、トランプ氏との石油をめぐる争いを避ける

トルコのエルドアン大統領、トランプ氏との石油をめぐる争いを避ける

02 Aug 2020
レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領。 (ロイター通信の写真)
レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領。 (ロイター通信の写真)
Short Url:
Updated 02 Aug 2020
02 Aug 2020
  • 先週結ばれた驚くべき契約により、デラウェア州に拠点を置く米国企業のDelta Crescent Energyが、今後クルド人主導のシリア民主軍が支配する油田を開発できるようになる。

Menekse Tokyay

アンカラ:トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ドナルド・トランプ米大統領との対立を避けるため、シリア北東部での石油取引について沈黙を守っている、と土曜日にアナリストがアラブニュースに語った。

先週結ばれた驚くべき契約により、デラウェア州に拠点を置く米国企業のDelta Crescent Energyが、今後クルド人主導のシリア民主軍(SDF)が支配する油田を開発できるようになる。

この契約はホワイトハウスの支持を得ていると考えられており、その前には米共和党のリンゼー・グラム上院議員とSDFのマズラム・コバニ最高司令官の間で会談が行われていた。

トルコ政府はSDFをテログループであり、非合法のクルディスタン労働者党(PKK)の政治一派と見なしている。そのため、エルドアン氏はこの事態に怒りの反応を見せると予想されていた。

しかし、ワシントンのArab Centerの中東外交政策アナリストであるジョー・マカロン氏は、エルドアン氏はこの件でトランプ氏との関係を危うくしないだろうと述べた。なぜなら、エルドアン氏がトランプ氏にとって石油がどれほど重要であるかを知っていれば、シリアのSDF支配地域での米国の石油契約は避けられないとわかるからだという。

「トルコ政府は米国の支援のおかげでシリアとリビアで明確な戦略的利益を得てきました。また、リビアと東地中海の力学を変えながら、クルド人勢力を国境からうまく遠ざけることができています」とマカロン氏はアラブニュースに語った。

軍事アナリストのNavvar Saban氏は次のように述べている。「アメリカ人はこの地域で計画を準備しています。しかし、契約の詳細はわかりません。それが、トルコ政府が強く反応しなかった理由です」

topics
Most Popular
Recommended

return to top