Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 港湾での爆発で135人が死亡した後、ベイルートは悪夢で目を覚ます

港湾での爆発で135人が死亡した後、ベイルートは悪夢で目を覚ます

被害額は150億ドルに上る可能性がある。(ロイター)
被害額は150億ドルに上る可能性がある。(ロイター)
Short Url:
06 Aug 2020 05:08:40 GMT9
06 Aug 2020 05:08:40 GMT9

Najia Houssari

ベイルート:人が悪夢を見るのは大抵、寝ているときだけだ。5日、ベイルートは悪夢で目を覚ました。

レバノンの首都ベイルートにある、かつて賑わっていた港湾地区は、4日の大規模爆発の現場であるが、廃墟と化していた。破壊された倉庫の残骸の中で、そのうちの一つは、押収された、爆薬性の強い硝酸アンモニウム2750トンを貯蔵するために長年使われていた。立ち続けていたのは、ねじれて、ずたずたになった穀物サイロの残骸だけだった。その貴重な中身は、今では使えない。

最も大きな爆発の衝撃波で半径5キロ以上が破壊されたこの街では、住民が死者を悼み、行方不明となった家族の捜索を続け、破壊された自宅や会社の跡を調査した。

ベイルートのマルワン・アブド知事は、被害額を最大150億ドルと見積もったが、これはすでに破綻した経済には不可能な額だ。レバノン建設業者連合のMaroun Helou会長は、約5万棟の建物が崩壊もしくは損傷したと見積もった。

公式発表された死者数は5日、135人に増えた。5000人以上が負傷し、数十人が現在も行方不明だが、その多くは、爆発の中心で瓦礫の下に埋まった港湾労働者だと考えられている。レバノン国旗が国中で、犠牲者への敬意の印として、半旗で揚がっていた。

レバノン赤十字のジョージ・カタネフ事務総長は、爆発とその余波を「未曾有の大惨事」と表現し、「これまでに75台の救急車が死者100人と負傷者4000人以上を運び、行方不明者が(現在も)います」と付け加えた。

病院は4日、ごった返したが、5日、外科医らは負傷者に手術をし続けた。負傷者の中には、救急車が到着できず、通りがかりの人が運転するバイクで病院に運ばれたと話す者もいた。

治安部隊は、窃盗と略奪を防ぐため、ベイルート中心部を封鎖した。歩行者はほとんど見られなかったが、砕け散ったガラスで覆われた道を歩くのは困難だった。

ある店主は次のように述べた。「私はベイルートで起きた全ての戦争と、ベイルートへの攻撃を経験しましたが、これまでの人生でこれほどの惨状を目にしたことはありません。どうやって生き延びるのでしょうか? 全てが破壊されてしまいました。私たちは疲れています。救いが欲しいです」

この爆発で、港に停泊中の船の上にいた国際連合レバノン暫定隊の隊員11人が負傷した。ベイルートの救急診療部が、殺到する負傷者の対処に悪戦苦闘したため、彼らは治療を受けるためにシドンに運ばれた。観光船オリエントクイーンは港に沈んだ。乗組員2人が死亡、7人が負傷した。

レバノンのホテル所有者連合のPierre Ashkarka会長は、「ベイルートのホテルの9割が被害を受けており、従業員や客など、ホテルで多数の負傷者が出ています」と述べた。

内戦中に損傷し、15年前に再建された小麦貯蔵用サイロが今回の爆発で破壊されたが、アナリストらは、このことがパン不足を招くことはないとみている。ある専門家は、「サイロの再建中は小麦は貯蔵されません。その代わり、小麦は船から直接トラックに降ろされ、工場まで運ばれるでしょう」と述べた。

5日の臨時会合で、レバノンの内閣は、2週間の非常事態を宣言した。これにより軍は、国家の安全を維持する権限を持つことになる。内閣はまた、港湾倉庫に保管されている化学物質の管理、貯蔵、警備、監視などの責任者全員を自宅軟禁することを命じ、爆発の責任者を特定することを約束した。

ミシェル・アウン大統領は、被害を調査するために港を訪れた際、「ベイルートという都市は災害の都市になりました。その衝撃は大きいですが、我々は調査を行い、起きたことの状況を早急に明らかにし、役人や不注意な人々に責任を取らせ、彼らに最も厳しい刑罰を科します」と述べた。

上級判事は、化学物質を安全に貯蔵する仕事を課されていた者や、爆発の直前に倉庫で行われていたとされる保守作業の担当者の特定など、爆発の状況を迅速に調査するよう、国内治安総局に指示した。

6年ほど前に硝酸アンモニウムが押収された経緯には、いまだにいくつか不明な点がある。港の統括管理者であるハサン・コレイテム氏は、押収時に化学物質に関する連絡があり、警備員が配置されていたが、港湾当局にはそれらを移動させたり処分したりする権限はなかったと述べた。司法部は、化学物質を損傷や窃盗から守るためにゲートの隙間を塞ぐよう指示しており、これは港湾当局によって実行された、と同氏は付け加えた。

倉庫内もしくは倉庫の近くでの溶接作業が原因で火災が発生し、爆発を引き起こしたという説がある。

一方、各国首脳からは支援のメッセージや援助の約束が続々と寄せられた。内閣には、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、「レバノン人に降りかかった試練において、彼らとの連帯を強調する」ため、6日にレバノンを訪問すると通知された。

米国のマイク・ポンペオ国務長官は、ハッサン・ディアブ首相への電話で、「米国によるレバノンへの支援および米国が緊急支援を行う意思」を約束した、と首相官邸は発表した。

サード・ハリリ前首相も爆発現場を訪れた。近くにある、父のラフィーク・ハリリ氏の記念碑で同氏を出迎えたのは、同氏に石を投げ付けようとした抗議者らだった。
一方、野戦病院などの医療援助を積んだ航空機数十機が、アラブ諸国やその他の国々からレバノンに飛んだ。

しかし、民間病院連合のSuleiman Haroun会長は、「病院用の医薬品の在庫が底をついています。私たちに必要なのは野戦病院ではなく、道具と必需品です」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top