Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エルドアン大統領、東地中海に戻るよう掘削船に命令

エルドアン大統領、東地中海に戻るよう掘削船に命令

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領。(ロイター/資料写真)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領。(ロイター/資料写真)
Short Url:
17 Sep 2020 12:09:36 GMT9
17 Sep 2020 12:09:36 GMT9
  • EU首脳陣がギリシャ・キプロスとの対立に関しトルコ政府側を非難

アラブニュース

ジェッダ: EU首脳陣は9月16日、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に対し、近隣諸国への嫌がらせをやめるよう警告した。東地中海では領海・エネルギー問題を巡る緊張が高まっている。

警告が出されたのは、トルコ政府がエネルギー掘削船「ヤウズ号」による石油・天然ガス調査活動を9月12日まで延長すると発表したからだ。国際社会は掘削中止を要求している。トルコ政府はそれ以前からEUの怒りを買っている。海軍に護衛された調査船を派遣し、ギリシャの領海で資源調査を行ったからだ。

ヤウズ号は同国籍の3隻を伴い作業するという。トルコ政府はいかなる他の船も同海域に「侵入しないよう強く勧告する」と述べた。

「トルコは現在も今後とも重要な隣国です。しかし地図上の距離は近い一方で、EUとトルコの隔たりは拡大しつつあるようです」と欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は16日述べた。

「もちろん、トルコと近隣諸国の間にはトラブルが絶えません。さらにもちろん、トルコは数百万人の難民を受け入れ、これに対しEU側は多額の資金を投じて援助しています。だからといって、近隣諸国を脅すのは決して許されません」

キプロスは他のEU諸国に、資源掘削に対しトルコに新たな制裁を課すよう圧力をかけている。これを受け欧州理事会のシャルル・ミシェル議長は16日、EUはキプロスの権利を守ると明言した。ミシェル議長は来週、EU各国首脳による緊急会合が始まる前にキプロス入りする。会合では東地中海におけるトルコの動きが議題となり、制裁が発動される可能性もある。

「EUは危機に直面しているキプロスと連帯します」とミシェル議長は述べた。「キプロスを含む全加盟国の権利を守ることに関し、EUは断固たる対応を取らねばならないと強く思います」

キプロスのニコス・アナスタシアディス大統領は、ミシェル議長の訪問が「きわめて厄介な」時期に実現したと述べた。「トルコは違法掘削により、キプロスの海域を引き続き侵害しています」

大統領は、EUが加盟国の権利を守るため即座に行動するという姿勢を示すべきだと述べた。

「全加盟国の主権を尊重する姿勢を引き続き示すべきです。いかなる国家もEU加盟国の主権を無視したり軽んじたりすることは許されません」とアナスタシアディス大統領は述べた。「加盟国に対する違法行為が続く限り、EUは即座に対応すべきです」

キプロスは見解の相違を解消するためトルコと対話する準備が整っているが、脅しには決して屈しないとアナスタシアディス大統領は述べた。「キプロス政府には常に対話する用意がありますが、対話により結果を出すには、脅しや脅迫ではなく国際法に則って話を進める必要があります」

特に人気
オススメ

return to top