Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエル閣僚、カタールへの米国のF-35の売却に反対と語る

イスラエル閣僚、カタールへの米国のF-35の売却に反対と語る

2019年11月11日、イスラエルの都市エイラート北部、オブダ空軍基地での「ブルーフラッグ」多国籍空中演習中、滑走路を走るイスラエルのF-35戦闘機。(ファイル/ AFP)
2019年11月11日、イスラエルの都市エイラート北部、オブダ空軍基地での「ブルーフラッグ」多国籍空中演習中、滑走路を走るイスラエルのF-35戦闘機。(ファイル/ AFP)
Short Url:
12 Oct 2020 01:10:34 GMT9
12 Oct 2020 01:10:34 GMT9
  • カタールはステルス戦闘機購入の正式な要請を提出した

エルサレム:イスラエルの諜報大臣は日曜日に、この地域におけるイスラエルの軍事的優位性を維持する必要があるとし、米国からカタールへのF-35軍用機の販売に反対するだろうと述べた。

エリ・コーヘン諜報大臣は、カタールがステルスF-35戦闘機購入に向け、米国政府に正式な要請を提出したというロイターの報告について尋ねられたことをうけ、イスラエル陸軍ラジオでコメントを発表した。

イスラエルがそのような売却に反対するかと尋ねられ、コーエン氏は次のように話した。「答えはイエス。 この地域における安全と軍事的優位性は我々にとって最も重要なこと。 我々の地域はまだスイスのようにはなっていない。」

カタールの要請は、8月の米国とアラブ首長国連邦との間の合意に続いてなされた。米国政府は、イスラエルとの外交関係を正常化するためのアブラハム合意と呼ばれる、米国が仲介した合意の副次的合意として、湾岸諸国のF-35の購入を承認する考えを認めた。

特に人気
オススメ

return to top