Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「破壊者」エルドアン、地中海東部での新たな石油探査行動をめぐり制裁に直面

「破壊者」エルドアン、地中海東部での新たな石油探査行動をめぐり制裁に直面

非難を受けているレジェップ・タイイップ・エルドアン。(AFP)
非難を受けているレジェップ・タイイップ・エルドアン。(AFP)
Short Url:
13 Oct 2020 02:10:14 GMT9
13 Oct 2020 02:10:14 GMT9

アンカラ:レジェップ・タイイップ・エルドアンが月曜、ギリシャ領海で石油探査のための測量船を再配備したことを受け、「平和と安定の破壊者」と非難された。

トルコ大統領は、彼の「好ましくない行動」を非難するEUから制裁措置を受けるリスクにさらされることになった。

武装したトルコの軍艦に守られた測量船オルク・レイスの再配備は、地中海東部での探査権をめぐるトルコとギリシャの激しい対立に拍車をかけた。

アンカラは先月、EUサミット前にギリシャ水域から船を引き上げ、「外交関係を可能に」した。サミットでトルコは、同地域での作戦行動を続ければ制裁措置を受けると脅されていた。

「トルコは自らの信用のなさを証明してきた。10月1~2日に行われたEUサミット前にトルコが言っていたことを信じていた全員が、今は誤りを認めている」と、ギリシャ政府の広報官ステリオス・ペツァスは月曜に述べた。

「現時点での唯一の問題は、トルコが罰は大きく報酬が少ないとより感じられるような、さらに思い切った解決策を実施することだ」

フランスの外務大臣は、トルコは約束を守り、挑発的な行動は控えて誠意を示す必要があると述べた。

ギリシャの外務大臣は今回の新たな航海を、「過激化」と「地域の平和に対する直接的な脅威」と説明した。

ニコラス・デンディアス外相は、「トルコは地域の平和と安定の破壊者になっている。国際法にも違反している」と述べた。

EUの外交部門代表ジョセップ・ボレルは、連合が今週中にトルコの行動について話し合うだろうと述べた。今回の新たな配備は「前回の欧州理事会で要請した緊張の段階的緩和努力に寄与する代わりに、新たな緊張を引き起こす」という。

「トルコは好ましくない行動ではなく、解決策を見つけることに積極的に関わる必要があると考えている」

中東報告分析センターの常任理事セス・J・フランツマンは、トルコは探査船の配備を利用してギリシャに嫌がらせをし、危機を作り出していると述べた。その目的は、国民に国家主義プロパガンダを与え、通貨の急落や他の地域での失敗から注意をそらすことだと言う。

「アンカラはこのことを6月からずっと続けており、調査のふりをしてギリシャを常に挑発してきたが、実際には海軍演習を行っている」と、彼はアラブニュースに語った。

「ギリシャはキプロス北部で同じことを行うことで反応し、アンカラが他の場所に注意を向けざるを得なくする可能性がある。アンカラの戦略の緩和は上手く行っておらず、アテネは毎月アンカラが生み出す新たな危機に翻弄されている」

カナダのニューファンドランドメモリアル大学の専門家エフェ・カマンは次のように述べた。「トルコは地中海東部で拡張主義を続ける。アンカラは国際法など気にかけておらず、ギリシャの主権も尊重していない」

特に人気
オススメ

return to top