Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イラクの迫害されたヤズィーディー教徒にとって、帰還計画はリスクを伴う

イラクの迫害されたヤズィーディー教徒にとって、帰還計画はリスクを伴う

イラクのドホーク近郊でコロナウイルス(COVID-19)流行と経済危機のため、シンジャールに戻る途中で道路に座る避難民の女性。(ロイター)
イラクのドホーク近郊でコロナウイルス(COVID-19)流行と経済危機のため、シンジャールに戻る途中で道路に座る避難民の女性。(ロイター)
Short Url:
17 Oct 2020 08:10:12 GMT9
17 Oct 2020 08:10:12 GMT9
  • シンジャールの計画では、バグダッド政府とアルビール政府は新市長と行政官を選出し、新たに地元警備員2,500人を任命する予定である。

ドホーク/イラク:ダーイシュにより残酷な迫害を受けた古代の宗教マイノリティであるイラク北部のヤズィーディー教徒は、故郷であるシンジャールでの平和と安全、そしてより良い生活以上のものは望まない。しかしながら、自分たちの条件通りにそれを望んでいる。

ヤズィーディー教徒の多くは、バグダッド政府とクルド地方当局が今週発表し、「歴史的」合意として支持される新しい安全保障と復興計画に不信感を抱いている。

「この合意はシンジャールを平定する可能性があるが、状況をさらに悪化させる可能性もある」と、近くのクルディスタンに亡命中のヤズィーディー教徒タラル・サレ氏が述べた。

ヤズィーディー教徒は、2014年にダーイシュがシンジャールを略奪して以来、苦しみに耐えている。これは過激派グループによる征服の1つであり、衝撃を受けた西側はそれを阻止するための軍事行動を起こした。

ダーイシュは、ヤズィーディー教徒をゾロアスター教、キリスト教、マニ教、ユダヤ教、イスラム教の信仰が混じり合ったその信仰がゆえ、邪教崇拝者と見なした。

 

ダーイシュは、3,000人以上のヤズィーディー教徒を虐殺し、7,000人の女性と少女を奴隷にし、55万人強のコミュニティの大半を追放した。

2015年に米国の支援を受けたクルド軍によってダーイシュがシンジャールから駆逐されて以来、町とその周辺地域は、イラク軍、シーア派民兵、ヤズィーディー教徒、異なる忠義を持つクルド過激派を含む武装グループが寄せ集まって管理している。

イラクのムスタファ・アル・カディミ首相の事務所によると、政府計画は治安を強化し、安全と基本的サービスの欠如のために帰郷を恐れている何万人ものヤズィーディー教徒の帰還を可能にする予定である。

しかし、多くのシンジャールの原住民は、バグダッドとクルド人の首都アルビールが君臨し、計画が曖昧だと感じている。計画が自分たちを含まず、より多くの分裂と暴力を引き起こす安全保障改革を伴っていると述べている。

「PKK(クルディスタン労働者党)とそのヤズィーディー同盟国は、戦わずにシンジャールをただ離れるつもりはない」とサレは述べた。

治安の合意には、イラク北部に拠点を置き、トルコで数十年にわたり反乱を起こしたクルド人分離主義者グループであるPKKの駆逐が含まれる。

それはまた、何百人ものヤズィーディー軍戦闘員に明らかに準拠し、PKK関連組織を駆逐するだろう。

避難

ヤズィーディーのボランティアとPKKは、イラク軍がニーナワー州の多数の地域から撤退し、アルビールのペシュメルガ軍が撤退した後、何千人ものヤズィーディーがダーイシュのシリアへの猛攻撃から逃れるのを助けた。ペシュメルガは、米空軍の支援を受け、シンジャール奪還を助けるために戻った。

PKKはイラクでトルコ軍の攻撃を受けており、ペシュメルガやイラク軍と並び不安の中にある。

ロイターが確認した計画の写しによると、軍と人民動員隊(PMF)、シーア派民兵が支配するイラクの準軍組織は、PKK駆逐を指揮するだろう。

地元住民の一部は、これにより、兄弟が異なる民兵組織、軍隊、グループに属することのある家族が引き裂かれる可能性を恐れている。ヤズィーディーはまた、ヤズィーディーPKK関連組織とは別に、PMFにも独自の軍を持っている。

「現在、シンジャールには約6つの政治グループがある。同じ一家に属する兄弟がそれぞれ異なる政党に加わっている。」ともう1人のクルディスタンのヤズィーディー教徒の避難民アクラム・ラショ氏は述べた。バグダッドとアルビールはその計画を擁護している。「これは問題解決のための良いステップだ」とクルディスタン政府報道官、ジョティア・アディル氏は述べた。シンジャールはまた、2017年にクルド人が完全な独立を求めて失敗して以来、バグダッドとアルビール間の領土紛争に巻き込まれている。

シンジャールの計画では、バグダッドとアルビールの政府は新市長と行政官を選出し、新たに地元の警備員2,500人を任命する予定である。

PKK支持者は、それにはペシュメルガに属するヤズィーディー教徒の帰還を含むのではないかと推察している。

日曜日のシンジャールでの合意に反対するデモで、ヤズィーディーの民族指導者シャモ・カディダは「シンジャールはその原住民のものであり、私たちヤズィーディーのものである」と叫んだ。

政治から距離を置き、単に現場でのサービス提供を確認したいと思っている人々もいる。

「我々の状況の改善のために実際の努力がなされるのであれば、シンジャールの人々は合意を行うだろう」とラショ氏は述べた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top