Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フーシ派のミサイルとドローンがイエメンのモカ港を攻撃

フーシ派のミサイルとドローンがイエメンのモカ港を攻撃

土曜日にイランの支援を受けたフーシ派民兵が発射したミサイルと爆発物を積んだ無人機が、紅海のモカ港を襲った。(付属)
土曜日にイランの支援を受けたフーシ派民兵が発射したミサイルと爆発物を積んだ無人機が、紅海のモカ港を襲った。(付属)
土曜日にイランの支援を受けたフーシ派民兵が発射したミサイルと爆発物を積んだ無人機が、紅海のモカ港を襲った。(付属)
土曜日にイランの支援を受けたフーシ派民兵が発射したミサイルと爆発物を積んだ無人機が、紅海のモカ港を襲った。(付属)
土曜日にイランの支援を受けたフーシ派民兵が発射したミサイルと爆発物を積んだ無人機が、紅海のモカ港を襲った。(付属)
土曜日にイランの支援を受けたフーシ派民兵が発射したミサイルと爆発物を積んだ無人機が、紅海のモカ港を襲った。(付属)
Short Url:
12 Sep 2021 01:09:01 GMT9
12 Sep 2021 01:09:01 GMT9
  • ドローンのうち2機は、目標に到達する前に地元の町モカの上空で撃墜されたと報じられた
  • 「これは戦争犯罪だ」と港の責任者は語った

サイード・アル・バタティ

アル・ムカッラー:イランに支援されたフーシ派民兵組織が土曜日に発射したミサイルや爆発物を積んだドローンが紅海の港であるモカ港を襲い、インフラに被害を与え、倉庫の火災にも発展したと、イエメンの国営サバ通信(SABA)が報じた。

港の管理者であるアブドル・マリク・アル・シャラバエ氏によると、フーシ派は4発のミサイルと3機の爆発するドローンを港に向けて発射し、最近修復されたばかりのインフラにダメージを与え、火災が発生して地元の商人や援助団体の物資を破壊したという。

ドローンのうち2機は、目標に到達する前に地元の町モカの上空で迎撃され、撃墜されたという。

「これは戦争犯罪です」とアル・シャラバエ氏は語り、フーシ派のミサイルが港に着弾したのは、運輸省の政府代表団が、港の正式な再開に向けた短い訪問を終えた直後だったと付け加えた。

モカの地元当局は7月、重要なメンテナンスを行った後に港の操業を再開したことを発表し、地元の商人や国際援助機関に港の利用を呼びかけていた。

イエメン政府軍は2017年1月、フーシ派との激しい戦闘の末、海岸沿いの戦略的に重要な町モカを解放した。この町の港はイエメンで最も古い港の一つで、かつてはコーヒー貿易の重要な拠点であった。

南部のタイズ市の住民と政府関係者はアラブニュースに対し、モカを標的とした3発のミサイルは、タイズ州北部のアル・タジア地区のフーシ派支配地域から発射されたと述べた。

タイズのイエメン軍将校であるアブドル・バシット・アル・バヘル氏は、フーシ派は「先週のアラブ連合による彼らの軍事拠点への大空襲の影響を受けていないというメッセージを送るために」タイズからミサイルを発射したとアラブ・ニュースに語った。

アル・バヘル氏は「彼ら(フーシ派)は、劣勢の中でも致命的な攻撃が可能だということをアピールしたいのです」と述べ、反フーシ派の攻撃を強化し、タイズを完全に掌握するための軍事支援を強化することを求めた。

アラブ連合軍の戦闘機による激しい空爆は水曜日に行われ、防空基地、大規模な弾薬やミサイルの貯蔵庫、砲台、ロケット発射場、司令室など、タイズにあるフーシ派の軍事施設を標的とした。

特に人気
オススメ

return to top