Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国イエメン特使「フーシ派は膠着状態に陥ったマアリブでの攻勢を中止せよ」

米国イエメン特使「フーシ派は膠着状態に陥ったマアリブでの攻勢を中止せよ」

オンライン会合で発言するティモシー・レンダーキング米国イエメン特使。国務省のネッド・プライス報道官(右)が同席した=2021年2月16日、ワシントン・国務省(写真/AP通信)
オンライン会合で発言するティモシー・レンダーキング米国イエメン特使。国務省のネッド・プライス報道官(右)が同席した=2021年2月16日、ワシントン・国務省(写真/AP通信)
Short Url:
16 Sep 2021 03:09:26 GMT9
16 Sep 2021 03:09:26 GMT9
  • ティム・レンダーキング特使「彼ら(フーシ派)はこの戦いに勝利しない。状況は膠着しており、武器を置いて交渉の席につく時が来た」
  • レンダーキング特使は、戦闘を停止し、困窮するイエメン人に対する人道支援物資の配布に協力するよう、戦争の当事者らに呼びかけた。

サイード・アル・バタティ

アル・ムッカラー:米国のイエメン特使は、「イランの支援を受けるフーシ派はマアリブ県で執拗な攻撃を行い、数千人の戦闘員を展開している。しかし、彼らがこれらの戦闘で勝利することはない。それどころか、彼らは戦争終結に向けた取り組みの妨げとなる軍事的な膠着状態に陥っている」と指摘した。 

ティム・レンダーキング特使はイエメンの人道的危機に焦点を当てた14日のオンライン会合で、「このような状況下で、フーシ派がマアリブで行っているような戦闘を続けることには意味がない。フーシ派はこの戦いに勝利しない。状況は膠着しており、武器を置いて交渉の席につく時が来た」と述べた。

レンダーキング特使は、戦闘を停止して困窮するイエメン人に対する人道支援物資の配布に協力するよう、戦争の当事者らに呼びかけた。同氏はまた、イエメンが再び飢餓の危機に瀕していると警告した。 

レンダーキング特使は、「すべての当事者には、自らの支配地域への人道的アクセスを開放する責任がある。人道支援に携わる人々を支配地域に入れ、活動を許可して欲しい。経済を復興させよう。そして、人々が自分の家に戻れるよう、インフラの再建に集中しよう」と語った。

レンダーキング特使は国際的な援助機関や富裕国に対し、イエメンの人々を餓死から救うために、国連のイエメンにおける救命プログラムへの資金提供を増やすよう求めた。 

「イエメンの人道支援計画への資金提供は必要額の50%以下にとどまっている。もし追加の資金を確保できなければ、救えたはずのイエメン人が死ぬことになる。そして、イエメンにおける和平構築の余地をさらに制限することになる」とレンダーキング特使は述べた。

レンダーキング特使は、フーシ派が軍事活動の資金を得るために燃料を備蓄し、重要物資の闇市場を作って価格をつり上げていると非難している。

レンダーキング特使は、「フーシ派が燃料を備蓄し、闇市場を利用して一般のイエメン人が入手できない水準まで燃料価格を押し上げているのを目の当たりにしている」と述べた。加えて、フーシ派はストックホルム合意を守らず、資金を公務員への給与支払いのためではなくマアリブにおける攻勢を支えるために使用していると非難した。

同じくオンライン会合に参加した国連世界食糧計画のデイビッド・ビーズリー事務局長と米国国際開発庁のサマンサ・パワー長官も、援助資金の不足がイエメンの人道支援物資の配布に与える影響について同じ懸念を示した。 

ビーズリー氏は、通貨イエメン・リアルの下落によって食料や燃料の価格が上昇していると指摘し、何百万人ものイエメン人が飢餓の危機にさらされていると警告した。ビーズリー氏は、「現在、500万人の人々が飢餓の入り口にいる。また、1600万人が飢餓に近づいている」と述べた。

パワー氏は、激しさを増す戦争でイエメンの人口の3分の2が緊急の人道支援を必要としている一方、一部の重要な支援計画が援助資金削減のために縮小されていると述べた。パワー氏は、「人道支援を必要とする状況のさらなる悪化を回避するため、資金提供者に資金提供規模を拡大するよう緊急に要請する」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top