Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 南スーダンで「これまでの人生で最悪の出来事」と呼ばれる洪水が発生

南スーダンで「これまでの人生で最悪の出来事」と呼ばれる洪水が発生

南スーダン、バールエルガザル州北部のマルアルコンの近くで、泥と草でできた伝統住居「トゥクル」が水に囲まれている。(AP)
南スーダン、バールエルガザル州北部のマルアルコンの近くで、泥と草でできた伝統住居「トゥクル」が水に囲まれている。(AP)
Short Url:
22 Oct 2021 08:10:53 GMT9
22 Oct 2021 08:10:53 GMT9
  • 南スーダンでは3年連続で大規模な洪水が発生している。
  • 国連の発表によると、5月以降、南スーダン全域で約50万人が洪水の影響を受けた。

南スーダン、マルアルコン:彼は溺れてしまった人のような気分だ。

南スーダンの一部で発生した、過去60年間で経験したことのない最悪の洪水が、泥と草でできた彼の家を取り囲んだ。彼の家族を養っていたモロコシの畑は洪水により水没してしまった。周囲の泥堤は崩壊している。

他の人々は既に避難した。イェル・アグエル・デングさんの家族と数人の隣人だけが取り残された。

南スーダンでは3年連続で大規模な洪水が発生しており、世界で最も新しい国である南スーダンの人口1,100万人の多くの人々の生活がさらに脅かされている。5年間続く内戦、飢餓、汚職などが国の課題となっている。今や、国連が洪水の原因となっている気候変動を無視することはできない。

7人の子供を持つ50歳のダニエル・デンさんは、漁網にかかった魚を取りながら、治安の悪さから何度も避難を余儀なくされた人生を振り返る。デン氏は、「しかし、今回の件(洪水)はあまりにひどすぎる」と述べ、「これまでの人生で最悪の出来事だ」と語った。

国連によると、5月以降南スーダン全域で約50万人が洪水の影響を受けた。ここ北バールエルガザル州では、ロル川の堤防が決壊した。

同州は通常、白ナイル川とスッド湿地帯に接する南スーダンのジョングレイ州とユニティ州を悩ませている極端な洪水の影響から免れることができる。しかし、今回の洪水により今では家屋も農作物も水浸しとなった。

世界気象機関が今週発表した報告書によると、アフリカ大陸の国々が地球温暖化に与える影響は他の大陸に比べ最も少ないにもかかわらず、アフリカ大陸は地球温暖化の影響を最も受ける。同機関はそのアフリカ大陸の多くの地域において、今回の洪水のような気候変動による影響が今後増大すると警告している。

南スーダンの農村では、無限に水が湧き出るような土地で、草を編み込んだ避難所により、非常に脆弱な抵抗が続けられている。

ランジック村では、アジョウ・ボル・イェルさんの7人家族が、洪水により家を失った9人の隣人を受け入れていた。年長者は蚊帳で保護された屋外のベッドで眠り、子供たちは床で一緒に寝る。

マジャク・アワーでは、6月に家が浸水し、8月には避難所も破壊され、約100世帯が2度にわたって避難を余儀なくされた。

5人の子供を持つ27歳のナイボル・アロップさんは、現在の避難所を脅かす、よどんだ水のすぐそばで朝のお茶を沸かしながら、「スーダンに行きたい」と呟いた。

常に避難している状態では、安定した未来を見通すことは困難だ。これは、2018年に和平合意が成立するまで、何百万人もの人々が避難した内戦で学んだ教訓である。

「洪水は一定ではありません。残る人もいれば、去る人もいます」と、9人の子供を持つ45歳のトーマス・マポルさんは、マジャク・アワーの近くにある村の破壊された家屋を見せながら語った。「しかし、私はどこにも避難できません。私が知っている場所は他にもうないのです。」

AP

特に人気
オススメ

return to top