Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ロシア・ウクライナ紛争が中東の食糧暴動を引き起こす可能性:アナリスト

ロシア・ウクライナ紛争が中東の食糧暴動を引き起こす可能性:アナリスト

制裁、封鎖、収穫の中断により、地域全体でパンの価格が高騰する可能性。(ファイル/AFP)
制裁、封鎖、収穫の中断により、地域全体でパンの価格が高騰する可能性。(ファイル/AFP)
Short Url:
08 Mar 2022 06:03:58 GMT9
08 Mar 2022 06:03:58 GMT9
  • 制裁、封鎖、収穫の中断により、地域全体でパンの価格が高騰する可能性
  • レバノン、シリア、イエメンなどのアラブ諸国が最も大きな打撃を受ける可能性が高い

アラブニュース

ロシアとウクライナの紛争は、小麦価格の急速な上昇と他の物資の供給の妨げにより、中東に影響を及ぼす可能性があると、デイリー・テレグラフ紙が月曜日に報じた。

ロシアとウクライナは穀物の世界輸出市場の14%を占め、世界のトウモロコシ市場の同程度の割合を占めていることから、小麦価格が25%上昇し、その中で暴力が勃発する可能性があるとアナリストは警告している。

小麦の価格は今年に入ってから37%上昇し、2008年と前回の世界金融危機以来の水準に達している。

BCAリサーチによると、黒海から中東への供給ラインが緊迫している。

ロシア、ウクライナ、ベラルーシは、世界有数の肥料輸出国であり、通常、種まきは2月下旬に始まるため、ウクライナでの収穫が深刻な打撃を受ける可能性がある。

BCAは、海外の国家備蓄がすぐに枯渇し、「2011年の『アラブの春』に起きた食糧暴動のような市民不安を引き起こす可能性がある」と指摘する。

レバノンは小麦の40%をこの地域から輸入しており、現在、前例のない一連の経済的、社会的、政治的危機に見舞われている。

リスクアドバイザーのDragonflyは、同国の小麦の備蓄はわずか1カ月であり、「生活苦による不安や抗議が起きる可能性が高い」と警告している。

戦争で疲弊したシリアとイエメンも、価格上昇と供給減の影響を受ける可能性が高い。

ウクライナ当局は、現在はまだ大部分が機能している同国の鉄道網を利用して、重要な物資を他の欧州の港に輸出する見通しを語っている。

特に人気
オススメ

return to top