Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 指導者がいなくなってもダーイシュの脅威は高まっていると国連が警告

指導者がいなくなってもダーイシュの脅威は高まっていると国連が警告

ウラジミール・ボロンコフ氏は、ダーイシュが国際平和と安全保障にもたらす脅威に関する国連事務総長の第15次報告書について議論する安全保障理事会の会合で発言していた。(AFP/資料写真)
ウラジミール・ボロンコフ氏は、ダーイシュが国際平和と安全保障にもたらす脅威に関する国連事務総長の第15次報告書について議論する安全保障理事会の会合で発言していた。(AFP/資料写真)
Short Url:
10 Aug 2022 04:08:31 GMT9
10 Aug 2022 04:08:31 GMT9
  • 地域的な損失はあったものの、テロ組織はその構造に適応し、地域の不安定性と社会的・経済的不平等の中で台頭し続けている
  • 国連のテロ対策責任者は、子どもたちが過激派に洗脳されるのを防ぐため、シリアの収容所から自国民を送還するよう各国に繰り返し要請した

エファレム・ コッセイフィ

ニューヨーク:領土と指導者を失ったにもかかわらず、ダーイシュがもたらす脅威は新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まって以来増加し続けており、テロ対策として非軍事的措置を実施することの重要性を強調している、と国連が火曜日に発表した。

国連は、ダイッシュの関連組織が紛争や社会的不平等を悪用して不安を煽り、テロ攻撃を画策し続けていると付け加えた。新型コロナウイルス感染症のパンデミックに関連した規制やデジタル空間への移行によって、ダーイシュは人材獲得や資金調達を強化する機会を得ており、ここ1年はイラク北部で見られたように攻撃にドローンを使うことが増えている。

テロ対策担当事務次長であり国連テロ対策事務所長のウラジミール・ボロンコフ氏は、安全保障理事会で、ダーイシュの増加傾向は部分的には同グループが「地方総局」とそれに付随する「事務所」を中心とした分散型の内部構造を採用した結果であると語った。これらは、中央・南・西アフリカから欧州、アフガニスタンまで、世界中のテロ活動を管理し、資金を調達するためのものであり、テロ集団が長期的な目標と願望を持っていることを明確にしている、と彼は付け加えた。

「ダーイシュの脅威に対抗し、これを防ぐには、その組織構造をさらに理解して継続的に監視することが不可欠です」 とボロンコフ氏は述べた。

彼は、ダーイシュが国際平和と安全保障にもたらす脅威に関する国連事務総長の第15次報告書について議論する安全保障理事会の会合で発言していた。そして、この脅威がとりわけ高まるのは紛争地帯であると述べている。しかし、彼らは常に「安全性の欠陥や、人材の獲得と組織化と複合的な攻撃を実行するテロ行為が蔓延しやすい状況」を利用しようと狙っているため、この過激派グループとその関連組織が「恐怖を煽り、力を誇示」しようとしている、より安定した地域にもすぐに広がる可能性があると警告している。

その報告書は、この状況が世界経済の低迷とインフレの上昇、およびそれらに対処するために各国政府が講じている措置によってさらに悪化していると付け加えている。

「ダーイシュとその前身であるアルカイダが敗北するような条件を作り出すには、彼らが台頭している紛争を解決する必要があります」とボロンコフ氏は述べた。

「しかし、この紛争を解決するには、人権と法の支配を促進し保護するだけでなく、そもそもこの集団が悪用した脆弱性、社会的不満、不平等にも対処しなければなりません」

イラクとシリアにおいて、ダーイシュは1月20日のシリアのハサカにあるグワリャン刑務所への攻撃など、複雑な作戦を組織する能力を維持している。ボロンコフ氏によると、両国の国境沿いの地域では最大1万人の戦闘員が活動しており、ダーイシュはそこで4月に、テロ対策作戦で殺害された幹部の復讐を目的とした世界的なキャンペーンを開始した。

ダーイシュは、シリアの指導者マヘル・アル・アガル氏が米軍によって殺害されるなど、両国で幹部の多くを失っている。

しかし、こうした損失にもかかわらず、国連の報告書は、イラクとシリアにおいて「ダーイシュやその活動の方向性に大きな変化はない」と指摘している。

ボロンコフ氏はまた、シリア北東部で拘束されている他国からのダーイシュ戦闘員の容疑者と、彼らと関係のある女性や子どもの状況が「さらに悪化」しているという問題を改めて強調した。収容所や刑務所では数十件もの暗殺が行われ、アル・ハウル収容所では暴力行為や殺人が増加しているとの報告もある。

国連によると、シリア北東部で拘束されている約3万人の子どもたちは12歳未満であり、「カリフのカブス」プログラムなどによってダーイシュに洗脳される危険があるという。

ボロンコフ氏は、これらの戦闘員と彼らに関係する女性や子どもたちを、自国の当局が自発的に送還し、起訴し、リハビリテーションを行い、社会復帰させることの重要性を強調した。彼は、この方面で達成された「限定的な進展」に深い懸念を表明した。

ボロンコフ氏は理事会メンバーに対し、「イラクや他の60ヶ国から来た、2万7000人以上の子どもを含む何万人もの人々が、自らの意思ではなく基本的な権利を奪われたまま、過激化や徴用の危険にさらされています」と述べた。

「加盟国は緊急に、この危険な状況に対処するための迅速な行動を取らなかった場合の長期的な影響について、検討する必要があります」

事務総長の報告書はまた、ダーイシュが2,500万ドルの資金を管理しており、世界中の関連組織に資金を流す能力を持っていると推定している。

「ダーイッシュがテロ活動の資金を調達し、関連組織や戦闘員を支配するために利用している資金源は、合法・非合法にかかわらず多様であることから、テロ資金対策への持続的な取り組みの重要性が明らかになりました」とボロンコフ氏は付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top