Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イラン、W杯を攻撃する可能性:イスラエル治安責任者

イラン、W杯を攻撃する可能性:イスラエル治安責任者

ルサイルスタジアムの外では、カタール警察が馬に乗ってパトロールしている。(AP)
ルサイルスタジアムの外では、カタール警察が馬に乗ってパトロールしている。(AP)
Short Url:
23 Nov 2022 03:11:48 GMT9
23 Nov 2022 03:11:48 GMT9

アラブニュース

  • イスラエル国防軍(IDF)の軍諜報局長は、イスラム共和国が国内の争いから注意を逸らすため、暴挙に出る可能性を懸念している
  • イラン専門家は「イングランド戦でのデモで、選手やファンが厳しい報復を受ける可能性がある」と見解

ロンドン:イスラエル国防軍(IDF)の軍諜報局長は、イランが自国代表チームの参加中の2022年FIFAワールドカップ・カタール大会を攻撃する可能性があると主張した。

アーロン・ハリバ少将は、テヘラン政権はこの地域を不安定化させ、数百人が死亡し1万4千人もの人々が投獄された政府に対する抗議デモの後の国内不安から目をそらすために、この動きを「検討している」と述べた。

テルアビブで開催された国家安全保障研究所(INSS)の会議での演説で、ハリバ氏は次のように述べた。

「私は、イラン人が今、カタールのワールドカップにも攻撃を仕掛けようと考えているということをお伝えしたいのです」

「イランは不安定な状態を恒常的に維持しようとしています。周囲の世界が安定し、繁栄している時に、このようなことが逆にイランの内部で起こっているのです」

「ワールドカップはイランが不安定な状態を引き起こそうとするイベントの1つになりそうだ」と、『ザ・タイムズ・オブ・イスラエル』紙は同氏の発言を報じた。

イランでは、22歳のクルド人女性マフサ・アミニ氏が、ヒジャブの着用が不適切だったとして同国の道徳警察に拘束されたまま死亡した事件をきっかけに、政権に対する抗議デモが全国的に発生した。

「現段階では政権に対するリスクはないと見ていますが、内部の圧力を含めイランへの圧力が強まれば、イランの反応はより攻撃的になるので、地域や世界では、より攻撃的な対応を予想する必要があるでしょう」とハリバ氏は付け加えた。

21日月曜日の初戦でイランの選手たちが自国の状況に対する無言の抗議として国歌斉唱を拒否したのちイランがイングランドに6-2で敗れ、物議を醸した。

イランのファンがスタジアムで国歌にブーイングを飛ばし、アミニ氏の死と政権を非難し、女性の権利を守るよう求める看板を掲げた一方、イランでは、イングランドの勝利を祝う人々の映像が夜通し公開された。

ある映像では、ユニオンフラッグを掲げながら原付バイクの後ろに乗っている人が映し出され、他の人も最終結果後に歓声をあげ、踊っている様子が映し出された。

イラン北部の言語学教授、カムラン氏とだけ名乗ったある男性は、『MailOnline』にこう語っている。

「デモ運動がサッカーに影を落としています。イランがこのような試合に負けることを望みます」

テヘラン在住の17歳の少女、アヌシャさんはこう言った。

「数カ月前なら、もちろんイランにイングランドや米国に勝ってほしいと言ったでしょう。今は、変な感じです。本当にどうでもいいんです」

ロンドンにあるヘンリー・ジャクソン協会のイラン専門家、キャサリン・ペレス・シャクダム氏は、同サイトに次のように語った。

「イランのサッカーチームがイスラム共和国の国歌斉唱を拒否したことで、選手たちは大きな代償を払うことになるでしょう」

「同様に、国歌斉唱にブーイングをしたイラン人ファンも、政府に特定され、厳しい処分を受けることになります。これが現代のイランの残酷な現実なのです」

「イランの選手たちは現在、自由より大きなものを失っているかもしれません。危険にさらされているのは彼らの命だけではないのかもしれません」

「事実、政権は反体制派の家族を標的にする傾向が強く、そうすることで他の人々が意見を発することを阻んでいます」

「イランの恐ろしい実績を考えると、現在、政権を敬遠している選手やファンは、自分たちが直面するリスクについて十分に理解していたということになります」

また、「絶対主義を前にしたこのような勇気と品位を、私たちは間違いなく全面的に評価します」と同氏は付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top