Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエルがネタニヤフ首相がスーダンの指導者と「正常化」を求めると述べた

イスラエルがネタニヤフ首相がスーダンの指導者と「正常化」を求めると述べた

04 Feb 2020
イスラエル当局は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とスーダン暫定軍事評議会のアブデル・ファタ・アル・ブルハン議長がウガンダで初めて会談したと述べた。 (ファイル/ AFP)
イスラエル当局は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とスーダン暫定軍事評議会のアブデル・ファタ・アル・ブルハン議長がウガンダで初めて会談したと述べた。 (ファイル/ AFP)
Short Url:
Updated 04 Feb 2020
04 Feb 2020

アラブニュース

エルサレム:イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が月曜日にスーダンの指導者と会談し、二国間の「正常化」について話し合った、と首相府は述べた。

ネタニヤフ首相が、ウガンダのエンテベ市で、スーダン統治最高評議会のアブデル・ファタ・アル・ブルハン議長と2時間の会談を行ったと首相府は述べた。

しかし、スーダンの情報大臣であり政府のスポークスマンであるファイサル・サリ氏は、訪問に関する情報がなく、内閣はそれについて議論していないとロイターに語った。 サリフ氏は後の声明で、当局はブルハン議長の帰国時まで「説明」を待つ予定であると述べた。

両国は、厳密には戦争状態にあり、スーダンはイスラエルを認める第三のアラブ国家になる可能性がある。

スーダンの最高評議会は、軍の将校であるブルハン議長が現在率いる軍関係者と民間人の移行組織である。

昨年、長年の独裁者オマール・アル・バシール氏の転覆に続き、軍と民間人の間の権力分担合意の一部として組織された。

バシール政権下のスーダンは、パレスチナ人のユダヤ国家の扱いをめぐり、数十年にわたるイスラエルのアラブボイコットの一部であった。

1967年、アラブの指導者たちはスーダンの首都ハルツームで会合を開き、「3つのNO」と呼ばれるものを発表した。イスラエルとの和平および交渉とイスラエルの承認を拒否した。

それ以来、エジプトとヨルダンの両国がイスラエルを承認したが、他のアラブ諸国や多くのイスラム教国はまだ承認していない。

WAFA(パレスチナ解放通信)が発表した声明によると、パレスチナ高官であるサエブ・エレカット氏は、ネタニヤフ首相とのブルハン議長の会談を「パレスチナ人への裏切りであり、アラブの平和イニシアチブに関する重大なストライキ」と述べた。

日曜日、スーダンの最高評議会は、米国がブルハン氏をワシントンに招待したと述べた。

スーダンは、米国のテロの国家スポンサーと見なされる国家リストから削除されるように推進している。 このリストが、スーダンにとって非常に必要な国際的金融支援と商業活動を妨げている。

ネタニヤフ首相は先の月曜日、ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領と会談した。ムセベニ大統領は、ウガンダがエルサレムに大使館を開設する可能性を検討していると述べている。

ネタニヤフ氏は、弟ヨナタンが死亡したエンテベ空港での人質救出40周年を記念して、2016年7月にウガンダを最後に訪れていた。

イスラエル首相は、イスラエルの3月2日の選挙の1か月前に外交資質を磨こうとしており、2018年にアラブ首長国連邦のオマーンを訪問し、パレスチナ人との和平取り決めはないにもかかわらず、頻繁に自国のボイコットが終了すると述べている。

 (AFPとロイター通信)

topics
Most Popular
Recommended

return to top