Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 株式市場がエコノミストの読みと食い違うとき

株式市場がエコノミストの読みと食い違うとき

ニューヨーク証券取引所のフロアのトレーダー。(ゲッティイメージズ)
ニューヨーク証券取引所のフロアのトレーダー。(ゲッティイメージズ)
Short Url:
15 Apr 2020 01:04:50 GMT9
フランク・ケーン
15 Apr 2020 01:04:50 GMT9

金融市場が経済的現実から完全に切り離されていると信じている人々のために、ここ数週間で彼らの主張に対しいくつかの決定的な証拠が明らかになった。

いくつかの例がその点を説明している。ドイツ銀行は、パンデミックで荒廃した経済が停止するにつれて、過去4週間に米国で約2,500万人の雇用が失われたことを示す米国の雇用市場の調査を発表した。これは、2009年の世界金融危機の終結以降に生み出されてきた以上の数だ。

もう一つの例:ゴールドマン・サックスは、世界の先進国経済(米国、ヨーロッパ、日本)は、特に上昇傾向でもなかった今年の最初の3ヶ月に比べて、今四半期に35%も縮小すると計算している。これは、世界金融危機の間に起きた記録的な経済収縮の4倍である。

通常の経済基準からすれば激変ともいえるこれらの数字を背景に、金融市場は奇妙な動きを見せている。ウォール街のベンチマークであるS&P指数は先月、ほぼ一貫した下落の時期に、30年以上で最大の1日の下落に見舞われた。

その後、月末にかけて、米国議会が2兆ドルの支援パッケージの形で金融「バズーカ」を発射した後、3日連続で大きな上昇が見られ、指数は再び前進した。株価指数によって生きて呼吸するドナルド・トランプ大統領は、もう一度勝利を宣言することができた。

S&Pは、トランプ大統領の連続上げ相場の頂点であった2月中旬の活気に満ちた水準まではまだ程遠いが、少なくとも急落は止まっている。これらのひどい経済統計を発表したのと同じ銀行であるゴールドマン・サックスは最近、トランプ政権と議会の「やるべきことをやる」という姿勢もあって、株価はこれ以上進む可能性は低いと述べた。

ゴールドマンの他の楽観的な理由は、ウイルス曲線が世界の一部の地域で平坦化し始めており、より多くの経済政策立案者(とりわけトランプ大統領)が経済開放を望む時期について話し始めていたことだ。完全な経済崩壊の見通しは「排除された」とゴールドマンは述べた。

両方の議論の欠陥を指摘する人もいる。大きなバズーカを発射した米国当局は、おそらく企業債務の膨れ上がる市場、またはシャドーバンキングシステムの他の側面からくる、第二の金融市場の脅威に対抗するためにほとんど弾薬を残していない。

本当に恐ろしい歴史的視点は、いつ株式が最終的にブラックマンデー以前の水準に回復したかということを計算するときにやってくる。それは1つの経済大恐慌と1つの世界大戦を経た1955年になってやっとのことだった。

フランク・ケイン

特にアジアやヨーロッパ諸国では、パンデミックが横ばいになり始めているという明るい兆候がいくつか見られるが、インド、アフリカ、南米など、世界の多くの地域では、そのような判断を下せるような証拠がまったくないか、または不十分である。世界経済の大部分は、今後何ヶ月も影響を受ける可能性がある。

金融市場にとって、より直接的な危険がある。それは上半期の企業収益が壊滅的となることだ。多くの企業は、彼らの存在の中で最悪の四半期を経たばかりで、利益は存在しない。

株式市場は、1株当たり利益の倍数に応じて株式を評価する「株価収益率」に依然として大きな注意を払っている。計算する「収益」値がない場合、これを決定することは数学的に不可能となる。

株式市場は、年末に向けて急激なV字型の回復を期待して、将来を見据えて自分自身を慰めるかもしれない。

しかし、彼らが過去に目を向けるならば、展望ははるかに恐ろしい。1929年の大暴落の中で(一部の専門家は、これが2008年の危機よりも現在の苦境のより正確なモデルであると信じている)株式がブラックマンデーに暴落したのは有名なことだ。しかし、途中で多くの小さな一時的な急上昇があったにもかかわらず、さらに2年間落ち続けた。最終的な底には1932年まで到達しなかった。

本当に恐ろしい歴史的視点は、いつ株式が最終的にブラックマンデー以前の水準に回復したかということを計算するときにやってくる。それは1つの経済大恐慌と1つの世界大戦を経た1955年になってやっとのことだった。

フランク・ケインはドバイに拠点を置く受賞歴のあるビジネスジャーナリストです。ツイッター: @frankkanedubai

特に人気
オススメ

return to top