Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パレスチナ人と「Black Lives Matter」との断絶できないつながり

パレスチナ人と「Black Lives Matter」との断絶できないつながり

2020年6月13日、フランス・パリのレピュブリック広場で行われたBlack Lives Matterの抗議行動でパレスチナ人の旗が飛ぶ。(ロイター)
2020年6月13日、フランス・パリのレピュブリック広場で行われたBlack Lives Matterの抗議行動でパレスチナ人の旗が飛ぶ。(ロイター)
Short Url:
17 Jun 2020 08:06:00 GMT9
17 Jun 2020 08:06:00 GMT9

アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドが先月、ミネアポリスの警察官がフロイドの首に膝を押し付けて8分以上にわたって発した「息ができない」という言葉は、すべてビデオに記録されており、アメリカだけでなく世界中で反響を呼んでいる。46歳のフロイドは、警察による過剰な力の行使の結果として死亡した。全国的な抗議活動に火がつき、4週目に入った。「Black Lives Matter(BLM)」もまた大西洋を越えてヨーロッパの首都に広がり、人種差別、警察の残虐行為、社会的不正、そして自国の植民地時代の歴史を非難する平和的な抗議者が大部分を占めている。

フロイドが警察の手で死んだのは例外的な事件ではない。昨年はアフリカ系アメリカ人235人がアメリカの警察に殺された。今年も少なくとも88人のアフリカ系アメリカ人の犠牲者が出ている。実際、抗議行動が国中で激しさを増す中、警察は金曜日にアトランタで27歳のアフリカ系アメリカ人レイシャール・ブルックスを射殺し、殺人とみなされている。

BLM運動は多くのインスピレーションを得ており、それは西部の黒人に対する差別と残虐性と、イスラエルの占領軍によるパレスチナ人の扱いとの間で比較が行われることは避けられなかった。パレスチナ人は欧米の抗議行動に参加し、「Palestinian Lives Matter」のスローガンを掲げたパレスチナ国旗を掲げた。ベツレヘム近くの分離壁にフロイドの壁画が描かれていた。BLM運動は、世界中のあらゆる人種差別、不正、差別の告発手段となっている。しかし、パレスチナとは特別な関係がある。5月30日、32歳の自閉症のパレスチナ人、エヤド・ハラクさんが、エルサレム旧市街の学校に向かって歩いていたところをイスラエル兵に冷酷に銃殺された。

殺害は広く非難され、先週、国連人権高等弁務官事務所は、「イスラエル軍のエルサレムで精神障害を持つパレスチナ人男性の殺害への完全な、独立した、公平な、有能で透明性のある調査 」を速やかにまとめるようイスラエルに求め、 「責任者は責任を負う必要があります 」と付け加えた。

しかし、パレスチナ人は、イスラエルが責任逃れをしようとすることをすでに知っており、仮に調査が行われたとしても、兵士の無罪に終わる可能性が高い。これが占領下で暮らすパレスチナ人の現実である。差別と過度な武力行使が容赦なく行われている。占領地への立ち入りが拒否されているヒューマン・ライツ・ウォッチは昨年、3月30日から11月19日までの間に、イスラエル軍がガザとの国境でパレスチナ人のデモ参加者189人を殺害し、その中には子供31人と医療従事者3人が含まれ、5,800人以上が負傷したと報告している。イスラエルの空爆と砲撃は、同時期にガザのパレスチナ人37人を殺害した。ヨルダン川西岸では27人が死亡し、5,444人が負傷した。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、イスラエルの人権団体とともに、家屋の取り壊し、土地の収用、イスラエル人入植者のパレスチナの土地への移動など、イスラエルの他の人権や国際法違反についても記録している。イスラエルの刑務所での子供の監禁と拷問についての報告は信憑性が高い。

何十年もの間、パレスチナ人の窮状は、イスラエルのプロパガンダと、主に偏った米国の政権の支持によって揉み消されてきた。しかし、ソーシャルメディアや独立したグループのおかげで、パレスチナ側の話は今、かつてとは異なる、誤った情報に流されていた欧米の一般市民にまで届いている。BLMは親パレスチナ活動家に味方を見つけたのだ。その中にはBDS(ボイコット、撤収、制裁)運動も含まれており、先週、欧州人権裁判所が2015年にフランスの最高控訴裁判所が彼らの刑事判決を支持した際に、BDS活動家の権利を侵害していたと全会一致で判決を下したことで、彼らは重要な勝利を収めている。

BLMはBDS運動を含む親パレスチナ活動家に味方を見つけた。

オサマ・アルシャリフ

6月6日、500人の法学部生がワシントン州議事堂からホワイトハウスまでBLMを支持して行進し、ある地点では主催者の一人がパレスチナの国旗を認め、イスラエルのアパルトヘイトを糾弾しながら「Free Palestine(パレスチナを解放せよ)」と叫んだ。

不公平に対する世界的な抗議の波は、物議を醸しているパレスチナ領土の違法な併合を計画しているイスラエルにとっては厄介な時期に来ている。反シオニストのユダヤ人活動家の多くは、特にソーシャルメディア上で、シオニズムが人種差別に等しいという事実を強調している。最近では、これらの活動家たちは、パレスチナ人の苦しみと、併合によってイスラエルが何百万人ものパレスチナ人の権利を奪ったパレスチナ人を支配する事実上のアパルトヘイト国家になり、現代の奴隷制度の形をもたらすことになるだろうと指摘している。

これは、一部では「American Intifada(アメリカのインティファーダ)」と表現され、BLM運動は、1960年代の公民権運動以来、最も強力で影響力のある人権運動であることが証明されている。BLMとパレスチナ人の苦しみの間のリンクは断ち切れず、イスラエルは、パレスチナ人に対する非人間的な扱いが深刻化するなか、その自身の悲惨な記録上の現在の動きの深遠な影響を見逃すべきではない。

  • オサマ・アル・シャリフは、アンマンを拠点に活動するジャーナリスト、政治評論家。 Twitter: @plato010
特に人気
オススメ

return to top