Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 影のヒーロー安倍首相が歴史上に名を残す

影のヒーロー安倍首相が歴史上に名を残す

2020年9月3日木曜日のオンラインプラットフォーム閣僚会議で発言する日本の安倍晋三首相。(AP)
2020年9月3日木曜日のオンラインプラットフォーム閣僚会議で発言する日本の安倍晋三首相。(AP)
Short Url:
05 Sep 2020 01:09:38 GMT9
05 Sep 2020 01:09:38 GMT9

元イギリス国会議員のエノック・パウエル氏がまさに述べた通り、すべての政治家のキャリアは失敗に終わる。同じ理由で、シェイクスピアの悲劇的歴史は理解に価する。死もしくは敗北かのどちらかが、最も優秀なリーダーまでも凌駕するのだ。

しかし、もちろん、一部のリーダーは他のリーダーよりもひどく失敗する。実際、多くの政治家は、大国の政治家でさえ、自分たちの生きる時代のダイナミクスを変えるためにほとんど何もせず、歴史の弧を自分の方向に曲げ損ねている。彼らは権力を掌握していたかもしれないが、最終的には歴史的に重要ではないのだ。

日本の安倍晋三首相は先週、再発する消耗性疾患を理由に突然辞任を発表した。安倍首相は、自分の生きる時代の流れを変えた、重要で類い稀なリーダーの一人である。

一見したところ、日本の首相は歴史的重要人物には見えない。貴族的で、気高く、堅実な安倍氏は、歴史家や大衆を喜ばせるカリスマ的人物とはほど遠い。

安倍氏の経歴には、すべての歴史的人物に当てはまるように、汚点が確かにある。日本をより標準的大国にするために、第二次世界大戦での壊滅的敗北後の日本国憲法の平和主義第9条の改憲という自身の生涯の夢を達成できなかった。

同様に、超低金利金融政策、財政支出の増加、構造改革という安倍の大言壮語の経済計画(「アベノミクス」と呼ばれる)は、寄せ集めだった。国の債務率は急上昇しても、日本を20年間の相対的経済的硬化から完全に脱却するのに必要な適度なインフレ率を生み出すことはできなかった。特有の小さなスキャンダルとパンデミック関連のコミュニケーション力不足に悩まされ、今年は首相の個人的支持率が下落した。

それにもかかわらず、安倍首相は歴史的成果を残した人物であり、その上で成功したリーダーと見なされなければならない。まず、安倍時代は日本が切実に求めていた政治的安定をもたらした。2012年12月に開始した首相2期目の前は、回転ドアを通過するように5年間で5人が在籍した。安倍首相は、ほぼ8年間在籍し、日本史上在籍期間最長の首相となった。安倍首相はこの力に、切実に求められた安定性を与えた。

首相の外交政策の成功はさらに重要だった。安倍首相の主な任務は、表面化する中米冷戦に特徴づけられる新時代に潜む危険を通し、自国を導くことだった。この世界の「緩い双極体系」構造の性質、すなわち、日本、ロシア、EU、インド、英国圏などの大国に活動の余地を与える世界的システムを本能的に認識していた。安倍首相はこの新たな現実を利用して米国、そしてますます強力になる中国に対するアジア地域のバランス調整を行った。

安倍首相は「トランプにささやく人」として知られるようなり、米大統領を巧みに操っていた。ドナルド・トランプ氏が環太平洋パートナーシップ(TPP)を廃止したとき、安倍は外交上の違反を巧みに埋めた。TPPは非常に野心的な自由貿易協定であり、非中国の軌跡を中心に環太平洋地域をより経済的に結びつけることを目的としており、経済対策であると同時に、アジアにおける中国の急成長する力に対抗するための地政学的な動きだった。

安倍首相が合意を撤回したのはこれらの戦略的理由のためであった。 2017年、舞台裏で巧みに行動した安倍氏は、他の12の環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)署名者全員を主導した。首相はほぼ独力で、中国のさらに拡大する野心とのバランスを取るためにCPTPPを使用した。

歴史はまた、安倍首相の地経学的成功を映し出し、氏が中国に対する地域的地政学的バランスを組織化したことを認める。2006年、2007年の以前の短い在籍期間中、首相は、インド太平洋における中国の冒険主義を阻止するために計画された四国イニシアチブ、または「クアッド」を展開した。これは日本、インド、オーストラリア、米国を初期の地域的地政学的グループとした。

当時、歴史は中国の戦略的攻撃性が強まる中、クアッドはほとんど達成されなかったが、安倍首相の遠見のビジョンを立証した。安倍首相は、インドのナレンドラ・モディ首相と個人的関係を築き上げ、若返ったクアッドを設置し、中国の脅威の増加に対するアジアの有機的な地域的反発の制度的始点となった。

すべての歴史的成功と同様、安倍氏は目の前の不都合な事実を無視してはいなかった。日本は国自体が大きな力を持ち続けるが、人口減少が北京の10分の1であっても、経済的には中国に追い抜かれている。首相は現実を無視するのではなく、利用できる唯一のカードで巧みにプレイし、地質学的および地政学的な同盟、CPTPPとクアッドを通じて、このような政治的リスクを克服できる可能性があった。これは安倍首相の偉大な戦略的業績であり、歴史に喜ばしく残る。

ジョンC.ハルスマン博士は、著名な世界的政治リスクコンサルティング会社であるジョン・C.ハルスマン・エンタープライズの社長兼マネージングパートナーである。また、ロンドン市の新聞City AMのシニアコラムニストでもある。博士へのコンタクトはchartwellspeakers.comにて可能である。

特に人気
オススメ

return to top