Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエルとイランの関係性がさらに危険に

イスラエルとイランの関係性がさらに危険に

シリアとの国境にあるゴラン高原で、自走榴弾砲の横に集まるイスラエルの兵士たち。(資料/AFP通信)
シリアとの国境にあるゴラン高原で、自走榴弾砲の横に集まるイスラエルの兵士たち。(資料/AFP通信)
Short Url:
29 Nov 2020 05:11:20 GMT9
29 Nov 2020 05:11:20 GMT9

イランが過去4か月間に2度、ゴラン高原のイスラエル占領地に路上爆弾を設置することに直接関与することで、イスラエルの神経と決意を試すことを始めたとすれば、その結果は明白で決定的なものだった。

イスラエルの戦闘機は、イランと関連のあるシリアのいくつかの標的を攻撃することでこれに反応し、イラン人とシリア人兵士数十人を殺害したと報じられている。イラン政府は兵士に死傷者が出たことを否定しているが、これは懐疑的に受け止められている。

イスラエルにとって、ゴラン高原のイスラエル支配領域に対する侵入と同領域の軍関係者を標的にすることは、レッドラインを越えたことを意味している。それは必然的に、イランから遠く、イスラエルの都市部に比較的近い場所が前線と化すのを阻止しようとするイスラエルの決意に対し、イラン政府が少しの疑念も抱かないようにするための反応を引き起こした。

イスラエルの治安当局者は、対人地雷を仕掛けたのはイランのエリート部隊で、イラン政府が指揮するイスラム革命防衛隊の一部門であるコッズ部隊だと非難した。もし地雷が発見されて除去されておらず、イスラエルの兵士が被害を受けていたら、イランに関連した標的に対する反応はもっと懲罰的なものになり、結果的に現時点で両者が望まず、また得をすることもない敵対行為の激化を引き起こしていただろう。

イランはイスラエルの安全保障上の脆弱性を探ることに明確な関心を持っており、イスラエルが優位に立っていた過去の出来事に対する復讐と、今後の活動を抑止することを模索している。しかし、イランの政権は、二国間のパワーバランスを考えると、米国の支援と地域の大部分の支持を得ているイスラエルが軍事的にも政治的にも優位に立っていることを十分に認識している。

一方、イランの冒険主義と不安定化への取り組みは、ほとんどの部分で首尾よく封じ込められている。

トランプ政権の末期、1月の新大統領就任までの過渡期にあって、イランはこれまで以上に不安を感じているだろう。ドナルド・トランプ大統領が最近、イランの核施設を攻撃するための選択肢を上級顧問に提示するよう求めたとの報道で、この緊張感はさらに高まった。今のところ、トランプ大統領はこの種の軍事作戦が地域全体でのより広範な紛争につながることを恐れて、この種の軍事作戦に反対する助言に納得しているようだ。

しかし、ジョー・バイデン氏が大統領に就任したからといって、イランの核開発に対する圧力が緩和されるとは限らない。実際、バイデン氏がイランの核開発に関連した活動や地域における不安定化への取り組みに応じて、イランに対する見返りや制裁の明確な基準を設定するような、微妙だがはっきりとした違いのあるアプローチを採用すれば、イラン政府はより困難な立場に置かれることになるかもしれない。

もしバイデン氏が率いる米国政府がこのような方針を取れば、イラン政府は、米国の政権による妥協を許さない態度を口実に、敵対する政府を弱体化させることを唯一の目的として、核開発を加速させたり、地域の攻撃的精神・過激思想を支持したり、イラク、シリア、レバノン、湾岸協力会議加盟国を含む他国の内政に介入したりすることはできなくなるだろう。

イランの政権は、米国の支援と地域の大部分の支持を得ているイスラエルが軍事的にも政治的にも優位に立っていることを十分に認識している。

ヨシ・メケルバーグ

イスラエルは、シリアとの国境近くであろうとなかろうと、ハマスやパレスチナのイスラム聖戦機構に対する支援を行ってイスラエルとパレスチナの紛争に干渉したり、レバノンのヒズボラの軍事能力を支援して物資を供給したりするイランの存在感と活動をますます認識している。

10年近く前にシリアで戦争が始まって以来、イラン政府はバッシャール・アサド氏の残忍な政権を支援しており、イランはイスラエルの隣国シリアへの影響力を高めるために様々な戦略に乗り出してきた。しかし、イランによるイスラエル国境に沿った活動の結果、イスラエルにとって最も深刻で差し迫った脅威は、レバノンのヒズボラに対するイラン政府の支援に起因している。

米国務省によると、イランはヒズボラに年間7億ドルの資金を提供し、精密兵器を供給している。その多くはシリア政府がイランからレバノンへの途上にある同国を通すことを許可して輸送されている。

イラン政府とヒズボラの密接な関係から、一部の評論家はヒズボラにイラン革命の最も成功した輸出品というレッテルを貼っている。この「サクセスストーリー」は、完全武装しており、長年にわたりレバノンの政治を混乱させてきた。ヒズボラはイスラエルのほぼすべての場所をロケットやミサイルで攻撃できる軍事能力を開発し、過激派がイスラエル国内に侵入して活動することができる可能性のある国境越えトンネルを最近発見されるまで作ってきた。

イラン政府のレバノンにおける協力者であるヒズボラは、イスラエルが大規模な攻撃の脅威にさらされ続けることを保証し、イランにおけるイスラエルによる軍事作戦を抑止するための道具だ。しかし、それにより、レバノンはイスラエルとの大規模な軍事衝突の可能性に常にさらされることになった。

慣習的な否定から脱却し、イスラエル当局はシリアにあるイランの標的に対して最近行った報復攻撃を認めた。これは、イスラエル当局は路上爆弾がコッズ部隊の仕業であるという証拠を持っていて、脅威を感じた場合には必要に応じて曖昧さを捨て、シリア国内のイランの部隊に対する行動を強化することを躊躇しないというシグナルをイラン政府に送ることを示している。

この軍事作戦を公にして認めることにはリスクがある。それは、時期や場所、激しさの程度を予測することは不可能だが、イラン政府に何らかの反応を迫ることになるからだ。イスラエルが大胆な反応をし、その責任を認めたことは、イランが報復するのではなく、特にイスラエルが支配する領域内ではどんな挑発も許されないことをイランが明確に理解するというイスラエルの確信を反映しているのかもしれない。それはまた、イスラエル当局が、近くても遠くてもイランの標的を攻撃するための情報力と能力の両方を持っていることを示すものでもあるかもしれない。

イスラエルの反応の大胆さ、死傷者の数、そしてイスラエルが攻撃の責任を即座に認めたことは、明らかにイランの指導部を激怒させ、イランの指導部は「攻撃して逃げる時代は終わった」とイスラエルに対して警告した。イランがこの表現に沿った行動を取るかどうかは答えの出ていない疑問のままとなっている。

イラン指導部が考慮に入れることを怠っているのは、シリアでの活動、パレスチナでの過激派への支援、ヒズボラの軍事的脅威の能力形成など、イランが火遊びをしてきたということだ。

イランの政権はイスラエルとの直接対決を望んでいない可能性が高く、その活動の主な目的はこの地域での最も強力な敵を抑止することであるが、その行動は逆効果をもたらし、イラン自体に大きな災難をもたらす可能性がある。

  • ヨシ・メケルバーグ 氏はロンドンのリージェンツ大学国際関係学教授で、国際関係学・社会科学プログラムの責任者。同氏は、王立国際問題研究所のMENAプログラムの研究員でもある。Mekelberg氏は国際的な紙媒体・電子媒体のメディアに定期的に寄稿している。Twitter@YMekelberg
特に人気
オススメ

return to top