Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ユニフォニックは中東の新たなユニコーンになり得るか?

ユニフォニックは中東の新たなユニコーンになり得るか?

Short Url:
18 Sep 2021 02:09:20 GMT9
フランク・ケーン
18 Sep 2021 02:09:20 GMT9

ソフトバンクのビジョン・ファンドがサウジ企業に初の直接出資を行うまでには少し時間がかかったが、それだけ待つ価値はあった。

ソフトバンクのビジョン・ファンド2が共同で主導するユニフォニックの1億2500万ドルの資金調達ラウンドは、中東のテクノロジー・スタートアップ企業のシリーズB(資金調達の第2段階)としては最大規模となる。

ビジョン・ファンドはこれまでも、主にトルコやアラブ首長国連邦などの中東の企業に出資してきたが、テクノロジー企業に対しこれだけ早期にここまでの規模の出資はしてこなかった。

この契約は、ビジョン・ファンドを監督するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズ(SoftBank Investment Advisers)のCEO、ラジーブ・ミスラ氏が、サウジアラビア企業に多額の出資を行い、雇用の機会提供と経済成長に貢献すると誓ったことに基づいている。

これにより、ビジョン・ファンドと、ビジョン・ファンド1に450億ドルを出資したサウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(Public Investment Fund)とのつながりが強まった。だが、ユニフォニックへの出資は、規模を小さくしたビジョン・ファンド2から提供される。

WeWorkへの出資の件など広く報道された過去の失敗はあったが、その後、ビジョン・ファンドはPIFに対して堅実なリターンを提供してきた。ミスラ氏と、ミスラ氏のメンターを務めるソフトバンクの孫正義社長が選んだハイテク部門が昨年のパンデミックによる継続的なロックダウンでリモートワークやコミュニケーションが急増したことで、業績好調となったためだ。この流れで、スタートアップ、上場企業にかかわらず、テクノロジー企業に大きく比重が置かれるようになった。

ユニフォニックは孫・ミスラ両氏の投資マニュアルの条件をすべて満たしている。最新のコミュニケーション・テクノロジーを扱い、パンデミックがゆっくりと収束を迎えつつある中、私たちが適応しつつある新しい世界の中心でしっかりと存在感を発揮している。

パンデミック後、ブランド、政府、銀行、その他の組織も含め、顧客は以前よりも多様な方法でのコミュニケーションを求めるだろう。たとえば、LinkedInやWhatsApp、Twitter、それに、次世代に登場するデジタルコミュニケーションのツールも含まれる。

ユニフォニックは顧客がこのような様々なチャネルを利用して企業やサービスとコミュニケーションをとれる統合されたデジタルプラットフォームを提供することで、より良いコミュニケーションを可能にし、サービスを強化する。

今回の現金注入は、新製品や新たな雇用が期待されるサウジアラビア国内及び急成長を見せる中東その他の市場への事業展開に使われる。

フランク・ケイン

たとえばユニフォニックは、銀行のワンタイムパスワードの安全な使用を可能にするシステムや、クレジットカードの支払い期日を知らせるメッセージなど、私たちがいまや当たり前に使っているサービスを実現してきた。

ユニフォニックは、起業家アーメド・ハムダン氏が2006年にサウジアラビア及び他国での公共・民間両部門におけるデジタル化を早急に進める必要性を感じたことから生まれた。最初にサウジアラビアでの市場プレゼンスを確立し、その後、近隣諸国に展開。現在ではリヤドに加え、アラブ首長国連邦、パキスタン、ヨルダンに法人があり、ウーバーやアラメックス、複数の病院グループを含む5000の企業・組織を対象に年間100億件のデータ事象を扱っている。

ビジョン・ファンドと共同でユニフォニックへの出資を行うのはPIF傘下のサウジ投資グループ、サナビルで、主に長期の成長が見込まれるベンチャー企業やその他の民間部門を対象としている。高成長、高インパクトのサウジアラビア・テクノロジー企業への今回の出資は、サナビルにとっても最大規模となる。

今回の現金注入は、新製品や新たな雇用が期待されるサウジアラビア国内及び急成長を見せる中東その他の市場への事業展開に使われる。「新規採用を開始します!」と、シリーズB契約発表後、ハムダン氏はLinkedInで告知した。

ユニフォニックは10億ドル以上企業価値を実現し、中東のユニコーンとなり得るだろうか?その結果は、次回の資金調達ラウンドで、そして最終的には新規株式公開かトレードセール時につけられる企業価値によって明らかになるだろう。だが、ビジョン・ファンドの支援は、確かにその道程への大きな後押しとなったといえる。

  • フランク・ケインは受賞歴のあるジャーナリスト。ドバイ在住。

Twitter: @frankkanedubai

特に人気
オススメ

return to top