Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 経済回復への道を歩むサウジアラビア

経済回復への道を歩むサウジアラビア

このような野心的な財政的目標や目的にもかかわらず、予算は引き続きサウジアラビア国民の基本的なニーズや経済発展の要件に対応している。(Shutterstock)
このような野心的な財政的目標や目的にもかかわらず、予算は引き続きサウジアラビア国民の基本的なニーズや経済発展の要件に対応している。(Shutterstock)
Short Url:
05 Nov 2021 01:11:16 GMT9
05 Nov 2021 01:11:16 GMT9

サウジアラビア経済は、今年の第2四半期に年率1.8%の成長を記録するなど、コロナウイルスのパンデミックによる悪影響からの急速な回復を見せている。また、第3四半期の決算では、総収入が2,433億サウジ・リヤル(648億ドル)、総支出が2,366億サウジ・リヤルとなり、2019年以降初めて66億サウジ・リヤルの黒字を計上するなど、回復の積極的な兆候が見られた。

原油価格は第3四半期に上昇を続け、ブレント原油のスポット価格は今年9月に平均74ドル/バレルとなり、10月には平均80ドル/バレルを超えた。この上昇の勢いが、王国の2年以上ぶりとなる四半期の黒字化を後押しした。また、石油輸出国機構とその同盟国の緊密な連携は、OPEC+が原油価格を健全な水準に維持するために役立った。

第3四半期の財政黒字には、石油収入に加えて、非石油収入も大きく貢献し、9ヶ月間で前年同期比33%増の2,995億サウジ・リヤルを記録した。

公共支出の抑制も財政黒字につながっており、これは今年の3四半期には、前年同期の2,563サウジ・リヤルに対して8%減の2,366億サウジ・リヤルとなったことからも明らかだ。

政府は、準備資産の増強に努め、借入金の削減を検討すべきである。

タラト・ザキ・ハフィズ

このような野心的な財務目標は、明確な金融システムを通じて、2030年までにサウジアラビアを世界の15大経済国の一つにするというサウジアラビア財務省のビジョンと密接に関連していることは特筆に値する。また、効果的なガバナンスを適用することで、経済成長の安定性、財務の持続可能性、支出効率の向上、民間部門とのパートナーシップの強化を達成するために、財源の管理を強化する効果的な金融政策を策定することも挙げられる。

このような野心的な財政的目標や目的にもかかわらず、予算は引き続きサウジアラビア国民の基本的なニーズや経済発展の要件にも対応している。

例えば、医療と社会保障の分野では、今年の9カ月間の累積支出実績が541億サウジ・リヤルに達し、前年同期比で11%の増加を示している。

第3四半期に達成した財政黒字により、第1四半期から第3四半期までの累積財政赤字が年間予測赤字額の1,409億サウジ・リヤルを大幅に下回ったことは特筆に値する。

政府は財政黒字の達成に成功したが、財政の持続可能性を中期的に維持することや、王国の石油収入への依存度を下げることなど、いくつかの課題が残っている。そのためには、非石油収入を強化・発展させ、「サウジビジョン2030」で制定されている、非石油輸出の貢献度を非石油GDPの16%から少なくとも50%に引き上げるという目標を達成するために、政府がさらなる努力を重ねる必要がある。最後になるが、政府は準備資産の増強に努め、借入金の削減を検討すべきだ。

  • タラト・ザキ・ハフィズ氏は、エコノミスト、金融アナリスト。

Twitter @TalatHafiz

特に人気
オススメ

return to top