Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 世界の観光産業を守るためにはグローバルなアクションが不可欠:サウジ観光大臣

世界の観光産業を守るためにはグローバルなアクションが不可欠:サウジ観光大臣

21 Mar 2020
アフマド・アル=ハティーブ(ロイター)
アフマド・アル=ハティーブ(ロイター)
Short Url:
Updated 21 Mar 2020
21 Mar 2020

リヤド:サウジアラビアの観光大臣は20日、コロナウイルスのパンデミックで打撃を受けている観光産業を支援するため、各国が共にアクションを起こすことが現在の世界的な最優先事項だと述べた。

界保健機関(WHO)と各国の観光大臣が参加した国連世界観光機関(UNWTO)の遠隔会議に参加後、アフマド・アル=ハティーブ大臣はこのように述べた。

大臣は、死に至るウイルスの感染拡大による観光収入減少への経済的影響を最小限に抑えるためには、UNWTO、民間企業、国際社会が協力し、具体的かつ決定的な解決策を生み出すことが重要だと指摘した。

会議の参加者は、世界的な医療危機における社会的、経済的影響について話し合った。

アル=ハティーブは次のように述べた。「我々は適切な措置を取り、緊密に協力すれば、COVID-19のアウトブレイクやその影響を乗り越え、人類の命と世界経済を守ることができる措置を講じることができるだろう」

「サウジにおいては、大きな成長の可能性を秘めた観光地として、中長期的な観光部門の柔軟性を信じている。しかしそれは、観光部門への対策や緊急支援がこれ以上必要ないという意味ではない」

さらに大臣は「引き続きサウジ国内の観光部門をサポートする適切な対策作りのため、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)と(国連)世界観光機関をはじめ、世界中の主要なパートナーと協議中だ」と述べた。

大臣によると、WTTCは今年の観光客数が25%減り、最大5,000万人の雇用が危険にさらされると予測している。

大臣は観光産業へのパンデミックの影響を緩和するため、強い国際的対応と多国間協力を呼びかけた。

サウジ国営通信(SPA)

Most Popular
Recommended

return to top