Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアは依然、パレスチナ人の主要援助国

サウジアラビアは依然、パレスチナ人の主要援助国

22 May 2020
ガザ市で朝食を取る前の貧しい住民に、パレスチナ人が暖かい小麦のスープとポリッジを配っている。(AP通信)
ガザ市で朝食を取る前の貧しい住民に、パレスチナ人が暖かい小麦のスープとポリッジを配っている。(AP通信)
Short Url:
Updated 22 May 2020
22 May 2020

 

ニューヨーク:国連のサウジアラビア政府常駐副代表のハレド・マンズラウィ博士は、同国がパレスチナ難民のために、国際連合パレスチナ難民救済事業機関 (UNRWA)への中近東最大の援助国であることを誇りに思っていると述べた。

「パレスチナのため(に重要だ)という信念によって、この機関が500万人以上のパレスチナ難民に役立っている高潔な役割(を理解していること)により、サウジは1994以来10億ドル以上をUNRWAに支援してきました。パレスチナ難民が人間の尊厳と幸せを享受するようになることが、サウジの望みであるという明らかな証拠として、UNRWAはこの支援を挙げています」と、マンズラウィ博士は述べた。

国際連合事務局内部監査部の調査と、UNRWAのフィリップ・ラザリーニ事務局長によるさまざまなイニシアチブに関するバーチャル形式の状況説明会で、マンズラウィ博士は挨拶していた。

支援活動を行っている5つの地域で、同機関が数百万人のパレスチナ難民に必要不可欠なサービスを提供し続けるために、サウジの寛大な支援は役立つことだろう、とマンズラウィ博士は述べた。

SPA

topics
Most Popular
Recommended

return to top