Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア初の女性救急車運転手、仕事は「心を癒やす軟膏」と語る

サウジアラビア初の女性救急車運転手、仕事は「心を癒やす軟膏」と語る

サラ・アル=エネジさんは、天職を求めて社会の反対を乗り越えた。(提供写真)
サラ・アル=エネジさんは、天職を求めて社会の反対を乗り越えた。(提供写真)
Short Url:
28 Sep 2020 02:09:16 GMT9
28 Sep 2020 02:09:16 GMT9
  • 彼女は自らの役割により、特に命を救うことになると、人々を助けることに情熱を注ぐようになった。

Tareq Al-Thaqafi

メッカ:サウジアラビア初の女性救急車運転手サラ・カラフ・アル=エネジさんは、幼い頃から怪我人を助け、命を救うことに興味を持ち、家族の怪我や擦り傷の手当てをしていた。

しかし、女性が運転するようになったばかりの国で、救急車の運転手になるということは、まったく予想していなかった。アル=エネジさんはアラブニュースに次のように話した。「簡単な仕事ではありません」。「難しい仕事ですし、意思決定にはゆるがない平常心とスピードが必要です」

アル=エネジさんは8年前、奨学金を得てヨルダン科学技術大学で勉強しながらアンマンで運転を覚えた。ヨルダンの運転免許を取得し、夢の実現に向けて第一歩を踏み出した。

天職を求める中で、彼女はサウジアラビア社会から、驚きだけでなく反対意見も経験した。しかし、そういった困難を克服したことは、最前線の役割に伴う重圧は言うまでもなく、それだけの価値があった。

「サウジアラビア初の女性救急車運転手になった気持ちを、言葉に表すことはできません。私の仕事は自分の心を癒(い)やす軟膏であり、負傷者を助け、命を救うことにもっと努力しようという気持ちにさせてくれます」とアル=エネジさんは言う。

家族の励ましと支えのおかげで彼女はサウジアラビアの先駆者になった。子どもの頃、アル=エネジさんは救急の仕事が好きだった。

アル=エネジさんは「私は自分の小さな部屋に傷あてを置いていて、家族が怪我をしたときはすぐに私に助けを求めてきました。私は傷口をきれいにしたり、包帯を巻いたりしていて、私の誇りはここから来ていました。当時は家族に『ホームドクター』と呼ばれていました」と振り返った。

アル=エネジさんが救急車の運転手になろうと思った最初の要因は、コロナウイルスの流行だった。彼女は、救急車の乗員として、最初に患者と向き合う医療従事者の一人だ。

アル=エネジさんは、一番初めの緊急事例を覚えている。リヤドのキング・ハリード空港からアル=ディリヤ病院の検疫拠点に人を移送した時がそうだ。彼女はそれを、人生における本当の試練の1つだったと表現した。

アル=エネジさんは「家族、子どもたち、母の姿をいつも頭の中に思い描いています。その時は何が私を待っているのか正確にはわかりませんでした」と話した。

彼女は自らの役割により、特に命を救うことになると、人々を助けることに情熱を注ぐようになった。アル=エネジさんは、サウジアラビアの他の救急隊員と共に、彼女は病気や怪我をした人たちの希望への入り口だと述べた。

彼女は、自らが達成したことに満足していると言い、サウジアラビアの女性は、特にチャンスが与えられ、信頼されていれば、あらゆるレベルで技術、専門知識、創造性を発揮することができると述べた。

特に人気
オススメ

return to top