Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアのサルマン国王、GCCサミット参加の湾岸諸国を歓迎

サウジアラビアのサルマン国王、GCCサミット参加の湾岸諸国を歓迎

サウジアラビアのネオムから毎週の閣僚会議の議長を務めるサルマン国王。2020年12月29日。(国営サウジ通信)
サウジアラビアのネオムから毎週の閣僚会議の議長を務めるサルマン国王。2020年12月29日。(国営サウジ通信)
サウジアラビアのネオムから毎週の閣僚会議の議長を務めるサルマン国王。2020年12月29日。(国営サウジ通信)
サウジアラビアのネオムから毎週の閣僚会議の議長を務めるサルマン国王。2020年12月29日。(国営サウジ通信)
Short Url:
30 Dec 2020 03:12:07 GMT9
30 Dec 2020 03:12:07 GMT9
  • 閣僚会議では、サウジ・ロシア政府委員会の会議を振り返った。
  • 内閣はまたサウジ・バーレーン調整会議第一階の結果も協議した。

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアのサルマン国王は、1月5日からアル・ウラーで始まる41回最高理事会に湾岸協力理事会(GCC)加盟国の指導者達を迎えることを楽しみにしていると、国営サウジ通信が火曜日に報じた。

毎週の閣僚会議の議長を務めた国王は、サミットが成功し、各国の共同した行動とより広範囲での協力体制、様々な分野での加盟国同士の統合が促進されることを願っていると発言した。

閣僚会議ではまた、サウジ・バーレーン調整会議第一回の結果が話し合われた。本会議はサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とバーレーンのサルマン・ビン・ハマド皇太子を議長として開催された。

国営通信によれば、参加者は「バーレーンとの相互関係をより包括的なものに高め、すべての分野で発展させていくことへのサウジアラビアの関心」を強調したという。

閣僚会議では、商業的、経済的、科学的、技術的協力のためのサウジ・ロシア合同政府委員会の会議の結果も報告された。

「会議ではサウジ・ロシア間の高いレベルの戦略的枠組みの重要性と、多くの領域での協力体制を継続して拡大、強化していく必要性が強調された。それにより、両国の関係を前進させ、多岐に渡る業界での合同事業やハイテク製品の合同生産への投資を促進するためだ」と、国営通信は報じた。

両国は原油生産国間の協力合意と、世界原油市場の安定を支援するというOPECプラスの協力宣言への義務を再確認することに合意した。

内閣はまたサウジアラムコが新たな油田とガス田を4つ発見したことを祝福し、エネルギー大臣と国営石油会社の「王国の経済的多様化を支援する探索、生産活動」への努力を称えた。

閣僚陣は、王国は「イエメンの人口構成をより包括した」イエメンの新政府樹立と、既存の正統な政府と南部暫定評議会のリヤド協定の遂行を歓迎すると発表した。

サウジアラビアは、スーダンをテロ支援国家のリストから外すというトランプ政権の発表を受け、他国と経済、国際団体に、スーダンの困窮状態に早急に対応し、負債を免除するよう呼びかけた。

また、内閣は「重要な設備に対するテロ攻撃」を糾弾した。最近では、ジッダで燃料を輸送中の商船への偽装爆弾を仕掛けたボートを使った攻撃などがある。

内閣は「これらの犯罪、破壊行為は国際防衛と海運運行をターゲットとしており」、エネルギー供給を不安定化させると主張し、国際社会はテロリスト集団と支援国を抑止するために行動を起こす必要があると付け足した。

特に人気
オススメ

return to top