Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの医師、寄生双生児に50回目の分離手術

サウジアラビアの医師、寄生双生児に50回目の分離手術

イエメンの寄生双生児アイシャとアーメド。 (スパ)
イエメンの寄生双生児アイシャとアーメド。 (スパ)
Short Url:
29 Jul 2021 06:07:42 GMT9
29 Jul 2021 06:07:42 GMT9
  • 手術は8時間半続くと予想され、25人の医師と専門家、および他の技術者と看護師の参加が含まれる。
  • 何年にもわたって、22か国からの117の症例が、結合双生児を分離するためのサウジアラビア国家プログラムによって調査および評価されてきた。

リヤド:サルマン国王の指示に従い、イエメンの寄生双生児「アイシャとアーメド」がサウジアラビアの医師による50回目の分離手術を受ける。

木曜日に行われる手術は、首都の国家警備省保健省のキングアブドゥルアジズメディカルシティにあるキングアブドラ専門小児病院で行われる。手術を監督するのはキングサルマン人道援助救済(KSrelief)センターの総監督者であり、有名な小児外科医であるアブドラアルラビーア博士。

手術が約8時間半と予想される。8段階で行われる手術には25人の医師と専門家、および他の技術者と看護師が参加する。

双子は一卵性双生児で、寄生双生児は妊娠中に発育を停止したが、発達したもう一方の双生児に物理的に完全に付着している。

完全に発達した双子は、ドミナントまたはオートサイト双子としても知られている。

Al-Rabeeahは、この場合アイシャは成熟した子供であり、寄生双生児と骨盤を共有していると述べた。先天性異常に加えて、双子はまた、下部の泌尿器系と生殖器系も共有している。

長年にわたり、22か国からの117の症例が結合双生児を分離するためのサウジアラビア国家プログラムによって調査、評価されてきたが、今回はそのような双子を分離するための50番目の手術になる。

サウジアラビアは、1990年に結合双生児の分離に取り組み始めた。

以前の手術(医療および外科チームの49回目)は、胸と腹部が繋がった双子で、複雑な手術は完全に成功したが、手術を非公開にしたいという両親の希望により公表されることはなかった。

医療および外科チームのメンバーを代表して、アルラビーアはサルマン王に、医療チームと王国の保健部門から受けた多大な支援と、貧しい人々に提供する高貴な人道的ジェスチャーに感謝した。

スパ

特に人気
オススメ

return to top