Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジ当局、進行中の汚職事件と他の事件で出された判決の詳細を発表

サウジ当局、進行中の汚職事件と他の事件で出された判決の詳細を発表

2020年9月22日、リヤドで撮影されたサウジアラビアの国旗の写真。(AFP)
2020年9月22日、リヤドで撮影されたサウジアラビアの国旗の写真。(AFP)
Short Url:
20 Jan 2022 08:01:45 GMT9
20 Jan 2022 08:01:45 GMT9
  • 不正な土地取引、贈収賄、偽造文書、COVID-19ワクチン接種証明書の偽造など、権力や公職の乱用などがある。

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアの国家汚職防止委員会(NAZAHA)は、水曜日に、被告人に対する法的手続きが進行中の刑事事件の詳細を発表した。

そのうちの1件では、公証人が、土地の所有者である父親に内緒で、2区画の土地の所有権を実業家とその妹に不正に「贈与」した見返りとして、SR4,461,500(1,189,331ドル)を受け取った疑いで逮捕された。この公証人の弟も逮捕された。

また、退役した国境警備隊に所属元准将が、不法に所有していた広大な土地について、15人の市民からの賠償請求を受け付けるために1,000万SRを受け取ったとして告発されている。また、その市民らも逮捕されている。

自治体の上級職に就いていたエンジニアが、あるビジネスマンの商業活動に対して偽の承認証明書を発行する代わりに、そのビジネスマンからSR350,000を受け取ったという嫌疑で逮捕された。この証明書はSR435,000相当のもので、金銭的な支出に関連する完了証明書も署名されていたという。

ある人物は、人的資源・社会開発省に登録されていた会社による16件の違反行為を取り消す見返りとして、合意済みのSR32,000の支払いのうち、SR12,500を受け取ったとされる。

保健省の職員9名と外国人の取引仲介者6名は、多数の人々の予防接種状況を修正して、COVID-19ワクチンを受けていないのに受けたように表示する見返りに金銭を受け取ったという疑惑で逮捕された。

また、内務省の協力により、公務員と市民が、犯罪組織を作り、在留資格法に違反している労働者を特定して逮捕し、解放するための金銭を要求していたとして逮捕された。

国家汚職防止委員会(NAZAHA)の犯罪捜査・検察ユニットがリヤドの刑事裁判所に照会したいくつかの事件では、容疑者に対する有罪判決や予備的な裁判所の判決が下されている。

あるケースでは、公証人が土地所有権の証書を違法に発行する見返りに1,550万SRを受け取ったとして、贈収賄の罪で有罪判決を受けた。彼は7年の禁固刑と70万SRの罰金を科せられた。賄賂を支払った人物は、5年間の懲役と50万SRの罰金、賄賂を届けた事で有罪判決を受けた者は、5年の懲役と50万SRの罰金を科せられた。

内務省に所属する国家委員会の事務局長は、横領、偽造、偽造文書の使用、マネーロンダリングの罪で有罪判決を受けた。彼は9年の懲役と102万SRの罰金を科せられた。この事件に関連して有罪判決を受けたビジネスマンは、7年間の懲役、50万SRの罰金、横領した300万SRの返済を命じられ、出所後3年間の渡航禁止を言い渡された。

元大使は、支払いと引き換えにハッジとウムラのビザを違法に発行したとして、贈収賄と職権乱用の罪で有罪判決を受けた。懲役6年、罰金30万SRの判決が下された。

検察のメンバーは、係争中の事件を却下する代わりに市民から3万SRを要求したとして、贈収賄および職権乱用の罪で有罪判決を受けた。彼は3年間の懲役と3万SRの罰金を科せられた。

当局は、公職を利用して個人的な利益を得たり、何らかの形で公共の利益を害したりした疑いのある人物を今後も追及していくこと、また、このようなケースには時効がなく、汚職に関わる問題にはゼロ・トレランス・ポリシーが適用されることから、退職後であっても罪を犯した人物はいつでも責任を問われることになると述べている。

特に人気
オススメ

return to top