Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジの意欲的な宇宙開発プログラムは、今後の刺激的なコラボレーションを予感させる

サウジの意欲的な宇宙開発プログラムは、今後の刺激的なコラボレーションを予感させる

宇宙技術への投資は社会に明るいイメージを与え、国民の意欲を高める面もあるとクリス・ハドフィールド大佐は考えている。(提供)
宇宙技術への投資は社会に明るいイメージを与え、国民の意欲を高める面もあるとクリス・ハドフィールド大佐は考えている。(提供)
Short Url:
23 Jan 2022 05:01:01 GMT9
23 Jan 2022 05:01:01 GMT9
  • サウジアラビア宇宙委員会は、王国の『ビジョン2030』改革アジェンダのもと、2018年12月に発足した
  • 国費で運営されるこの組織は、欧州宇宙機関、英国、フランス、ハンガリーと協力協定を結んでいる

ラワン・ラドワン

ジェッダ:半世紀以上前、ニール・アームストロング氏とバズ・オルドリン氏は、月面に足を踏み入れた最初の人間となった。この歴史的な出来事以来、政府や科学者、そして今では企業家たちが、より遠くを目指し、より意欲的な目標を掲げている。

ジェフ・ベゾス氏の「ブルーオリジン」による宇宙旅行への進出、イーロン・マスク氏の火星コロニー設立の夢、NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の打ち上げ、UAEの火星探査機「ホープ」のミッションなど、宇宙は今、再び注目を集めているようだ。

1969年7月20日、アポロの宇宙飛行士が月面着陸を果たしたことは、「宇宙開発競争」として知られる米ソ冷戦時代の激しい競争に後押しされた、10年以上に及ぶ猛烈な科学的進歩の集大成となった。

それから数十年が経ち、圧倒的に優れたテクノロジー、民間企業の資金、そして世界中に存在する科学者や技術者の才能を得て、世界の新興経済国と富裕層が主導する新たな宇宙開発競争が始まっています。

サウジアラビアは、ロケットの打ち上げコストの低下、技術の進歩、そして宇宙開発に対する国民の関心の高まりを活用するのに適した環境下にある。(提供)

この新たな宇宙開発競争に最近参入したのが、3年前に国王令によって設立されたサウジアラビア宇宙委員会(SSC)である。その目的は、経済の多様化を加速し、研究開発を強化、そしてグローバルな宇宙産業への民間企業の参入を推進することである。

2018年12月の発足以来、王国の国費によるこの宇宙開発プログラムは、欧州宇宙機関、イギリス、フランス、ハンガリーと協定を結び、協力関係を深めている。

同機関はまた、航空宇宙大手のエアバス社と協定を結び、国際宇宙航行連盟に加盟し、サウジアラビアの学生が宇宙科学や航空宇宙工学のコースを提供する世界最高の大学に入学できるよう、輝かしい奨学金制度を設立した。

サウジアラビアの宇宙開発機関自体は比較的新しいものではあるが、衛星技術には長い歴史があり、その多くはリヤドのあるキング・アブドルアジーズ科学技術都市(KACST)から生まれたものである。

また、アラブ連盟による衛星通信会社アラブサットの設立にもサウジアラビアは重要な役割を果たし、1985年に最初の衛星を打ち上げている。

カナダの元宇宙飛行士で、国際宇宙ステーション(ISS)の司令官を務めたクリス・ハドフィールド大佐は、アラブニュースの独占インタビューに答え、「ゼロからのスタートではないのがポイントです」と語った。

「1950年代後半に設立されたNASAでさえ、ゼロからのスタートではありませんでした。NASAの前身であるNACAは1920年代から存在しており、政府は航空技術の到来を認識していたのです」

ハドフィールド氏の考えでは、SSCは今、サウジアラビアにおける宇宙開発の将来に向けた目標を明確に定めるべきだという。(SPA)

ハドフィールド大佐は、無重力の中でデビッド・ボウイの『スペース・オディティ』をギターで演奏するなど、ISSでの生活を描いた動画でよく知られている。

彼は、宇宙飛行士、エンジニア、パイロットとして、カナダ勲章、功労奉仕十字架勲章、NASA特別功労章など多くの賞を受賞している。また、アメリカ空軍とアメリカ海軍のトップテストパイロットにも選ばれ、カナダの航空殿堂入りも果たしている。

ハドフィールド氏は、これまでに3回の宇宙ミッションに参加し、2つの宇宙ステーションの建設、2回の宇宙遊泳、シャトルとソユーズへの搭乗、ISSの指揮を行ってきた。

現在は引退し、オンタリオ州ウォータールー大学の非常勤教授、スペースX社およびヴァージン・ギャラクティック社の顧問、オープン・ルナ・ファウンデーションの理事長を務めるほか、3冊の国際的なベストセラーを執筆している。また、恐怖をテーマにした彼のTEDトークは、1,100万回も視聴されている。

ハドフィールド氏の考えでは、SSCは今、サウジアラビアにおける宇宙開発の将来に向けた目標を明確に定めるべきだという。

「本当に重要なのは、宇宙開発機関が何を達成しようとしているのか、短期的にも長期的にもサウジアラビアの人々に貢献することに沿った目的を明確にすることです」

ISSは、人類の友愛と、社会が共通の目的に向かって努力することで得られる技術的・科学的な大きな可能性を示す強力なシンボルであり続けている。

1975年7月17日、ロシア人宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフ氏とアメリカ人宇宙飛行士ディーク・スレイトン氏が、フランスの都市メス上空で宇宙船をドッキングさせ、微小重力下で握手を交わしたときから、宇宙ステーションの歴史は始まった。

クリス・ハドフィールド大佐は、自身の宇宙でのキャリアを振り返り、このような人類の友愛と永続的な義務感こそが、宇宙開発における更なる革新と新たなマイルストーンをもたらすだろうと語った。(提供)

この握手は、1972年に日米間で合意された「アポロ・ソユーズテスト計画」の副産物である。アメリカはアポロシャトルのドッキングモジュールをソ連のドッキングシステムと互換性のあるものにして、完璧なランデブーを実現したのである。

この2人の出会いは強力な団結のシンボルとなり、共同の「シャトル・ミール計画」、そして後のISSへの道を開くことになった。

宇宙機関を設立するのは簡単なことではない。さまざまな分野にまたがるこの業界では、幅広いスキルと専門知識が求められる。サウジアラビアはこの分野に多額の投資を行っており、すでにいくつかの成果を上げている。

2019年2月、王国はギアナ宇宙センターから国産初の通信衛星「SGS-1」を打ち上げた。この打ち上げは、KACSTと米国航空宇宙大手ロッキード・マーティン社との提携で行われた。

2020年、サウジアラビアは、石油から経済を多角化し、さまざまな次世代産業を取り込むための長期計画『ビジョン2030』の改革課題の一環として、宇宙プログラムに21億ドルを投資する計画を発表した。

アラブ人、イスラム教徒、王族として初めて宇宙に行ったスルタン・ビン・サルマン王子(中央)。(提供)

アラブ人、イスラム教徒、王族として初めて宇宙に行ったスルタン・ビン・サルマン王子は当時、「私たちが生きている今の時代、宇宙は世界経済の基本的な分野になりつつあり、地球上の私たちの生活において、あらゆる側面に影響を与えています」と語っている。

「宇宙ビジネスと宇宙経済は、今後、数兆リヤル規模に成長すると予想されています。私たちは、宇宙分野には多くのチャンスが存在すると考えており、サウジアラビアは、あらゆるレベルでこれらのチャンスを活用していくつもりです」

宇宙分野で活躍するためには、サイバーセキュリティ、航空電子工学、ロボット工学、推進工学、機械学習やAIなど、さまざまな分野の技術者が必要になる。

ハドフィールド氏はアラブニュースに対し、「世界中の政府を見渡してみると、通信、大気物理学、気象予報や軍事的脅威への対処など、既に宇宙に関連する分野に取り組んでいる部分があり、その点において優位に立つことが可能です」と述べ、国内で宇宙産業を興すメリットを強調した。

「地球をより深く理解するための科学的な意味もあります。1日に16回、地球を一周することができれば、また、静止衛星を設置してアラビア半島や世界各地を見ることができれば、地上からでは得られない膨大な情報を収集することができます」

「技術開発という側面もあります。人工衛星を作ったり、ロケットを作ったり、人を育成して宇宙に飛ばしたり、宇宙ステーションの一員になったり、月に人類が永続的に住む場所を作ったりすることに挑戦するなら、それは大きな技術的挑戦であり、学術的な面から製造業の面まで、国益に貢献するでしょう」

しかし、宇宙技術への投資は、経済的、科学的、戦略的なメリットだけでなく、社会に明るいイメージを与え、国民の意欲を高める面もあるとハドフィールド氏は考えている。

宇宙技術への投資は社会に明るいイメージを与え、国民の意欲を高める面もあるとハドフィールド氏は考えている。(提供)

「科学的な研究や技術開発とは別に、人々の目を地平線の向こうへと導いているのです」

「宇宙開発は、人々に異なる未来を想像させ、自分の人生で何かに挑戦したいと思わせる重要な役割を持っています。宇宙飛行士になるために、新しいスキルを身につけようと自分を鍛え、その努力なしにはなれなかったような別人になるのです。私にとって、これは重要な要素です」

サウジアラビアは、ロケットの打ち上げコストの低下、技術の進歩、そして宇宙開発に対する国民の関心の高まりを活用するのに適した環境下にある。また、他の宇宙機関との協力にも積極的で、今後の協力関係の発展を期待されている。

ハドフィールド氏は、自身の宇宙でのキャリアを振り返り、このような人類の友愛と永続的な義務感こそが、宇宙開発における更なる革新と新たなマイルストーンをもたらすだろうと語った。

「奉仕の精神です」と彼は語る。「組織へ、国へ、そして他者への奉仕です」

特に人気
オススメ

return to top