Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア人女性のキャリア目標達成を雇用主が支援、調査結果

サウジアラビア人女性のキャリア目標達成を雇用主が支援、調査結果

カーニー社の多様性、公平性、包摂性に関する調査により、10人中8人の女性が、キャリア目標達成のために必要な支援を雇用主から受けていると感じていることが明らかになった。(SPA)
カーニー社の多様性、公平性、包摂性に関する調査により、10人中8人の女性が、キャリア目標達成のために必要な支援を雇用主から受けていると感じていることが明らかになった。(SPA)
Short Url:
09 Sep 2022 04:09:39 GMT9
09 Sep 2022 04:09:39 GMT9
  • 回答者の60%が、自分の勤める組織はハイブリッドワークを採用し、柔軟性を持たせていると回答している
  • 回答者の54%が、ハイブリッドワークはキャリアアップの機会を逃すことにつながるという懸念を表明している

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアで働く女性10人のうち9人が、自身の働く組織には多様性、公平性、包摂性の推進のための方針があると回答している。

これは、世界有数の経営コンサルタント会社であるカーニー社が、キャリア志向に対する雇用主の支援、ハイブリッドワークの採用、組織が設定した多様性、公平性、包摂性など、職場において女性に影響を与える要因について調査した結果に基づいている。

カーニー社の多様性、公平性、包摂性に関する調査によると、10人中8人の女性が、キャリア目標達成のために必要な支援を雇用主から受けていると感じていることが明らかになった。

サウジアラビアの女性労働者の約51%が、今後10年以内に業種やキャリアを変えたいと考えており、36%がリーダー的なポジションを希望していると回答している。

また、60%が雇用主に対して、ESGやデータ解析などの新たに出現したスキルやトレンドに関するトレーニングを提供し、キャリアアップを支援することを希望している。

また、約48%の人が、雇用主に対して、現在のキャリア選択におけるスキルアップのための定期的なトレーニングの提供を希望している。

カーニー中東支社のリーダーシップ・変革・組織担当パートナーであるイザベル・ネイヴァ氏は、次のように語った。「過去10年間、サウジアラビアは、労働市場に参入する女性を奨励し、保護するための改革を実施し、より多くの女性を労働力にするための優れたコミットメントを示しています」

カーニー中東支社リーダーシップ・変革・組織担当パートナー、イザベル・ネイヴァ氏。

「女性の労働参加率を高めることは、明白な結果をもたらし、国の変革に拍車をかけてきました。労働力としてより重要な役割を果たすように女性を奨励することは、経済の多様化、ひいてはビジョン2030に向けた真の進展に向けた王国の取り組みを支援することとなるでしょう」

ハイブリッドワークの職場を見ると、回答者の60%が雇用主から自宅やオフィスで働く柔軟性を提供されていると回答した。

回答者の29%がハイブリッドワークを提案されたが、オフィスでの勤務を選択し、3%が在宅勤務のみを選択した。

ハイブリッド型の勤務体制をとっていない組織は、わずか7%だ。

ハイブリッドワークがどのように公平な労働機会に役立っているかという質問に対しては、84%の回答者がより高いレベルのモチベーション、85%が生産性、84%が昇進、78%が包摂性、86%が学習と開発を挙げている。

しかし、54%の女性が、ハイブリッドワークはキャリアアップの重要な機会を逃すことにつながるという懸念も示していた。

それにもかかわらず、回答者はリーダーとしての役割の変化について楽観的であり、76%が新しい働き方が女性の社会進出に良い影響を与えると信じている。

多様性、公平性、包摂性に関わる障壁の除去にプラスの影響を与える方針について見ると、49%の女性が、フレキシブルワークがゲームチェンジャーであると強調していた。

「男女の多様性と機会均等という点では、ここ数年で相当な進歩がありました」とネイヴァ氏は語った。

「しかし、男性よりも努力し、能力を証明する必要があると感じている女性はまだ多いです。労働力である女性が能力を最大限に発揮するための手段とサポートを確実に提供するため、組織は女性従業員のスキルアップのための定期的なトレーニングを実施し、多様性と包摂性を推進し、偏見を根絶するための方針を設けることが重要です」と同氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top