Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア皇太子がロシア大統領、パキスタン首相と電話会談

サウジアラビア皇太子がロシア大統領、パキスタン首相と電話会談

Short Url:
23 Sep 2022 02:09:03 GMT9
23 Sep 2022 02:09:03 GMT9

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は22日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と電話会談を行った。サウジ通信社が報じた。

電話会談の冒頭、プーチン氏は「皇太子が捕虜交換プロセスの成功に積極的に際立って貢献したこと」に対し、感謝の言葉を述べた。

ムハンマド皇太子は、ウクライナ危機の政治的解決に協力するため、サウジアラビアはあらゆる努力と支援をする準備ができていることを確認した。

プーチン氏は、サウジアラビアが対話国として上海協力機構に加盟したことに言及し、サウジアラビアが同機構の活動に積極的に貢献することを加盟国が望んでいることを強調した。

会談中、二人は両国の協力の状況や、さまざまな分野で協力を強化する方法について話し合った。

皇太子は21日、ロシアとウクライナの捕虜交換の一環として、さまざまな国の捕虜10人を解放するための調停会議を開催し、成功させた。

22日、プーチン氏との電話会談の前に、ムハンマド皇太子はパキスタンのシャバーズ・シャリフ首相と電話会談を行った。シャリフ氏はサウジアラビアの建国記念日に際し、パキスタンの祝意を表し、サウジアラビアのさらなる進展と繁栄を願っていると述べた。

シャリフ首相はまた、サウジアラビアがリーダーシップを発揮し、パキスタンとパキスタン国民を継続的に支援して洪水の被害者を救済していることに対し、感謝の言葉を述べた。

会談中、二人は両国の協力の状況や、協力を発展させる方法を検討した。

特に人気
オススメ

return to top