Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サルマン国王、皇太子殿下をサウジアラビアの首相に任命

サルマン国王、皇太子殿下をサウジアラビアの首相に任命

Short Url:
28 Sep 2022 02:09:59 GMT9
28 Sep 2022 02:09:59 GMT9

アラブニュース

リヤド:火曜日、サルマン国王は内閣改造の一環としてムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下をサウジアラビアの首相に任命するよう命じた。国営サウジ通信社(SPA)が伝えた。

国王が発した勅令により、内閣改造が行われる中、ハーリド・ビン・サルマン王子が国防大臣に就任する。SPAが加えて報じた。

この改造ではまた、ユセフ・ビン・アブドゥラー・ビン・ムハンマド・アル・ブニャン氏が教育大臣に任命された。

留任となる閣僚は、エネルギー大臣のアブドルアジーズ・ビン・サルマン王子、ファイサル・ビン・ファルハーン外務大臣、ハーリド・ビン・アブドルアジーズ・アル・ファーリハ投資大臣、内務大臣のアブドルアジーズ・ビン・サウード王子、そしてムハンマド・ビン・アブドゥラー・アル・ジャダーン財務大臣だ。

アブドゥラー・ビン・バンダル王子も国家警備隊大臣として留任し、ワリド・アル・サマーニ氏は法務大臣としての役割を維持、アブドラティフ・ビン・アブドルアジーズ・アル・シェイク氏もイスラム問題担当大臣として留任する。

バドル・ビン・アブドゥラー・ビン・ファルハーン王子は文化大臣として留任し、アブドルアジーズ・ビン・トゥルキ・アル・ファイサル王子はスポーツ大臣としての役割を維持する。

また、ビン・ファウザン・アル・ラビア氏 はハッジ・ウムラ担当大臣としての役割を維持し、マージド・ビン・アブドッラー・アル・カサビー氏も商業大臣として留任する。

その他、バンダル・ビン・イブラヒム・アル・ホレイフ氏は産業・鉱物資源大臣、アフメド・アル・カティーブ氏は観光大臣、ファイサル・ビン・ファデル・アル・イブラヒム氏は経済・計画大臣、ファハド・ビン・アブドルラフマン・アル・ジャラジェル氏は保健大臣として留任する。

特に人気
オススメ

return to top