Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア、世界観光機関執行理事会の議長国に選出される

サウジアラビア、世界観光機関執行理事会の議長国に選出される

サウジアラビアのアフメド・アル・カティーブ観光大臣が、マラケシュで開催中の第117回国連世界観光機関執行理事会に出席している。(@AhmedAlKhateeb)
サウジアラビアのアフメド・アル・カティーブ観光大臣が、マラケシュで開催中の第117回国連世界観光機関執行理事会に出席している。(@AhmedAlKhateeb)
Short Url:
25 Nov 2022 04:11:57 GMT9
25 Nov 2022 04:11:57 GMT9
  • サウジアラビアは今年、執行理事会の第一副議長国を務めた
  • アル・カティーブ氏「各国と協力し、世界の観光セクターを支援し発展させることを楽しみにしています」

アラブニュース

リヤド:サウジアラビア観光省は、サウジアラビアが国連世界観光機関執行理事会の2023年の議長国に選出されたことを発表した。

この発表は、マラケシュで開催中の第117回世界観光機関執行理事会で行われた。サウジアラビアは湾岸諸国初の議長国になる。

「サウジアラビアは、世界観光機関執行理事会の議長国に選ばれたことを光栄に思っています。我々は世界観光機関の先駆的な役割の重要性を信じています。全ての国と協力し、世界の観光セクターを支援し発展させることを楽しみにしています」とアフメド・アル・カティーブ観光大臣は述べた。

「サウジアラビアは、世界観光機関の活発なメンバー国として、イニシアティブを立ち上げ、新しいアイデアを支持し、世界観光機関初の地域事務所をサウジアラビアに開設しました。中東やその他の地域で世界観光機関の計画や活動を推進するためです」と同氏は付け加えた。

「国連世界観光機関の中心にあるのは、経済発展の起爆剤として観光を促進したいという願いです。サウジアラビアはその願いを心から支持しています。私たちは、2030年までにサウジアラビアの観光業に8000億ドルの政府投資を行うことを約束しています」

「一つの国としても、世界的にも、私たちはサステナブルでインクルーシブでレジリエントな開発をしていかなければなりません。そうすることで、ビジネス、コミュニティ、そして世界の、急速に変化するニーズに対応していくのです」とアル・カティーブ氏は述べた。

議長国として、サウジアラビアは全ての会議の議題を設定し、観光業界にとって最も差し迫った問題や懸念事項を確実に捕捉していくだろう。サウジアラビアは議長国として会議を円滑に進行し、対話を促し、実行可能な成果の創出を促進するだろう。

サウジアラビアは今年、執行理事会の第一副議長国を務めた。

特に人気
オススメ

return to top