Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本は12月にサウジアラビアから3400万バレルの原油を輸入した

日本は12月にサウジアラビアから3400万バレルの原油を輸入した

02 Feb 2020
12月の日本の原油輸入総量は、9993万バレルに達したと資源エネルギー庁は発表した。(Shutterstock)
12月の日本の原油輸入総量は、9993万バレルに達したと資源エネルギー庁は発表した。(Shutterstock)
Short Url:
Updated 02 Feb 2020
02 Feb 2020

カルドン・アズハリ、東京

サウジアラビアは2019年12月に、日本の原油総輸入量の34.4%に相当する3433万バレルを供給し、第1位の供給国であったことが、日本資源エネルギー庁の発表したデータで示された。

12月に日本は、アラブ首長国連邦からは全体の30.5%に相当する3053万バレル、カタールからは10.8%に相当する1079万バレルを輸入した。

クウェートからは7.1%を占める709万バレル。

ロシアからは5%を占める5万バレル。

米国からは2%の2万バレルだった。

アラブからの石油が、日本の12月の石油需要量の88.9%となる8879万バレルを占めた。

12月の日本の原油輸入総量は、9993万バレルに達したと資源エネルギー庁は発表した。

topics
Most Popular
Recommended

return to top