Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 古代の芸術により、かつて先史時代のサウジアラビアにはライオンが闊歩していたことが明らかに

古代の芸術により、かつて先史時代のサウジアラビアにはライオンが闊歩していたことが明らかに

26 Mar 2020
これなど、その他の絵は、人々や動物の姿を表している。(SPA)
これなど、その他の絵は、人々や動物の姿を表している。(SPA)
Short Url:
Updated 26 Mar 2020
26 Mar 2020
  • 教授の研究は、全国8つの遺跡の動物の絵に光を当てている

リヤド:サウード国王大学のホスニー・アブドゥルハリム教授によると、サウジアラビアの壁画に関する考古学研究により、先史時代にこの地域ではライオンが生息していたことが明らかになった。

ラクダやラバは王国全土の数多くの場所で見られる古代の壁画や彫刻に最もよく描かれる動物だが、アブドゥルハリムによる最近の研究により光が当てられた8つの遺跡には、ライオンの描写が含まれている。

これらの遺跡には、アル・ウラー県のワディ・アル・ウラー、アブー・ターカ、オワイリー、ハーイル県のジャバル・ウム・サンマンとシュワイメスが含まれる。ライオンの狩りを描写した芸術はハーイル東部のヤーテブで発見され、この動物の姿はアル・ダワドミ県南西部のワディ・アル・ムタイウィの2つの岩のファサードでも発見されている。

時にはライオンのみが描かれることもあり、落ち着いた姿勢を取っていることが普通だ。その他の絵は、人間の狩りの対象になっている様子や、獲物を攻撃している様子を表している。これは、作者が生まれた環境の中で見たシーンに基づいてアートを描いたか、あるいは、近くで見た絵をコピーしたことを示唆している。これは王国のどこかの環境が、古代のライオンにとって適した場所だったことを示している。

この研究は、アラビア半島の他の場所や、古代近東のいくつかの文明に見られる絵と比較することにより、ライオンの芸術が環境や文化の面で示唆するものに光を当てることを目的としている。

壁画は数多くの文明に由来するものだが、サウジアラビアの壁画の豊かな文化遺産により、この国は古代芸術で最も注目に値する国の1つとなっている。

SPA

topics
Most Popular
Recommended

return to top