Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • タツマキスタジオがドバイで日本アニメのフィギュアを披露

タツマキスタジオがドバイで日本アニメのフィギュアを披露

30 Mar 2020
香港に拠点を置くタツマキスタジオは、樹脂とPVCを使った限定フィギュアの開発・販売に力を入れている。
香港に拠点を置くタツマキスタジオは、樹脂とPVCを使った限定フィギュアの開発・販売に力を入れている。
香港に拠点を置くタツマキスタジオは、樹脂とPVCを使った限定フィギュアの開発・販売に力を入れている。
香港に拠点を置くタツマキスタジオは、樹脂とPVCを使った限定フィギュアの開発・販売に力を入れている。
Short Url:
Updated 04 May 2020
30 Mar 2020

Amin Abbas Dubai

日本のアニメシリーズや漫画のファンは、お気に入りのキャラクターの高品質なフィギュアや像にお目にかかることがよくある。

香港を拠点とするタツマキスタジオは、ファン向けに日本のアニメ、ゲーム、漫画をベースとした、樹脂やPVC製の限定フィギュアの開発と販売に力を入れている。

今月開催された「Middle East Film and Comic Con 2020」に参加したこのスタジオは、コレクター集団で構成されており、スタジオのフィギュアは彼らのコレクションの一部でもあるため、フィギュアにおける質の高いディテールと個性的なタッチの重要性を理解している。

タツマキスタジオの創設者兼CEOであるディエゴ・ネヴェス氏は、次のように述べている。「私たちのビジネスモデルは、日本からライセンスを取得して、PVCと樹脂の両方で作られた収集価値のあるフィギュアを開発することです。MEFCCに参加した主な目的は、この地でディストリビューターを見つけ、パートナーシップを構築することです。」

「日本のアニメ、漫画、ゲームからより多くのライセンスを取得して、我々が制作した『Hunter x Hunter』や『ブラッククローバー』のような素晴らしいフィギュアをさらにコレクター向けに作ることを目指しています。次の計画は、今年11月に日本で開催されるワンダーフェスティバルへの参加です」とネヴェス氏は付け加えた。

「我々は、ポップカルチャーをベースとして限定樹脂フィギュアを開発・販売するのではなく、むしろコレクターにとって魅力のある素晴らしいフィギュアを作るというコンセプトで、2017年にスタートしました。現在、日本から取得したライセンスは4件(キャプテン翼、幽遊白書、Hunter x Hunter、ブラッククローバー)あり、品質およびフィギュア販売後のサービスという面で、コレクターの同志にとってユニークなものを作りたいと思っています」とネヴェス氏は語った。

「私たちは、市場で考えられる最高品質のハイエンドな限定フィギュアをあらゆる人に提供するという、最も重要な目的を達成するために、ゲーム業界の多様な領域で最も才能のある人々を探してきました」と彼は付け加えた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top