Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イラク近代建築の父、COVID-19により死去

イラク近代建築の父、COVID-19により死去

12 Apr 2020
レバノンの海岸沿いの町、ハラットの自宅近くの海辺で夜の散歩をするイラク人建築家Rifat Chadirji氏。イラク近代建築の「父」と呼ばれるRifat Chadirji氏は新型コロナウイルスに感染し、4月10日、英国で死亡したと友人やイラク関係者が語った。(File/AFP/Joseph Eid)
レバノンの海岸沿いの町、ハラットの自宅近くの海辺で夜の散歩をするイラク人建築家Rifat Chadirji氏。イラク近代建築の「父」と呼ばれるRifat Chadirji氏は新型コロナウイルスに感染し、4月10日、英国で死亡したと友人やイラク関係者が語った。(File/AFP/Joseph Eid)
Short Url:
Updated 12 Apr 2020
12 Apr 2020

バグダッド: 近代イラク建築の父として知られているRifat Chadirji氏は、小説の契約をした後、コロナウイルスによって英国で金曜日遅くに死亡したと友人やイラクの政府高官が語った。

93歳の建築家であり写真家でもある彼は、現在の抗議の中心地であるバグダッドのタハリール広場にある、象徴的な「フリーダムモニュメント」を含む、イラクで有名ないくつもの構造物の設計者として知られている。

「彼は20世紀イラクの巨人だった」と語るのは、バグダッドの近代建築の研究者で、Chadirji氏をよく知るCaecilia Pieri氏だ。

土曜日、バルハム・サレハ大統領やアデル・アブドル・マフディ首相を含むイラクの高官らが追悼の意を表した。

「Rifat Chadirji氏の死によって、イラクと世界の建築は近代的な肺を失った。 」とサレハ大統領は述べた。

1926年にバグダッドで生まれたChadirji氏は、ロンドンで学び、1950年代にイラクに戻り、「無名兵士」と題された優雅なアーチをはじめ、首都の郵便局やその他の公共建築物を設計した。

しかし、バート政権になってからは、「無名兵士」は取り壊され、サダム・フセインの像に置き換えられ、Chadirji氏も悪名高いアブグレイブ刑務所に入れられ、20ヶ月間そこに留まった。

彼は「The Wall Between Two Darknesses」の中で、サダムが会議センターを設計するために彼を刑務所から釈放させた経験について書いている。

数年後にベイルートに移り住み、1980年から1988年のイラン・イラク戦争、1990年の湾岸戦争、10年に及ぶ国際的な制裁、2003年のアメリカ主導の侵略戦争でサダムが打倒された期間、海外で暮らした。

2009年にイラクに戻ったとき、彼は見たものによって傷ついた。

「バグダッドの建物に何が起こったのか、信じられない、すべてが完全に破壊されている」とChadirji氏は当時語った。

2019年には、彼の有名な建物の一つ、モスルのNational Insurance Companyが取り壊されました。7階建ての建物で、そこからDaeshグループは男性たちの死に至るまで、ゲイであることを告発した。

構造物は、モスルからDaeshを追放するための数ヶ月に及ぶ戦いによって荒廃しており、市の委員会は後に、復元できないと言って残っていたものを取り壊すことにした。

NICの建物は、イラクで愛されている「シャナシール」を彷彿とさせるスリムなアーチ型の窓が並んでおり、イラクのモダンなデザインの代表的な例とみなされていた。

Chadirji氏は長年にわたり建造物の保存を主張し、サダム政権下でもバグダッドでのイラクの伝統的建築の解体を阻止するために活動していました。

「創造物を大切にできない民族は、記憶のない民族である 」と2009年に語った。

AFP

Most Popular
Recommended

return to top