Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 『Ghost of Tsushima』:PS4のサムライモチーフのゲームが史上最速のセールスを記録

『Ghost of Tsushima』:PS4のサムライモチーフのゲームが史上最速のセールスを記録

『Ghost of Tsushima』では封建制度の時代の日本を舞台に、サムライの旅を描いている(サッカーパンチ開発)。
『Ghost of Tsushima』では封建制度の時代の日本を舞台に、サムライの旅を描いている(サッカーパンチ開発)。
Short Url:
03 Aug 2020 08:08:06 GMT9
03 Aug 2020 08:08:06 GMT9

ダイアナ・ファラ ドバイ

アクションアドベンチャーゲームの『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』が正式に、ソニーのPlayStation 4で史上最速のセールスを記録した新作ゲームとなった。

アメリカのゲーム会社のサッカーパンチが開発し、ソニーから発売されたこのサムライモチーフのゲームは、発売から3日間で240万本以上の売り上げとなった。

『Ghost of Tsushima』では封建制度の時代の日本を舞台に、敵の侵略から祖国を救おうとするサムライの旅を描いている。

このゲームは好意的な評価を得ているものの、やや繰り返しの動作が多いという批判的な意見もある。しかしこのゲームのユニークな点として、主人公の仁の行動によって天気が変化するという設定がある。

このキャラクターが武士道から外れた行動をとればとるほど、プレイヤーはゲーム中により多くの嵐に直面することとなる。

プレイヤーが一度サムライのスキルを使用するのをやめ、より多くの「冥人プレイ」のアクションを使用することで、強風、稲妻、雷にあいやすくなるのだ。

PlayStationのファンは2020年後半に予定されているPS5、また独占タイトルの『スパイダーマン』や『ホライゾン』など、すでに告知されているソフトの発売を待ちわびている。

topics
特に人気
オススメ

return to top