Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 2021年プレビュー:プレイタイムに備えよう

2021年プレビュー:プレイタイムに備えよう

世の数十万の熱烈なハリー・ポッターファンにとって、ホグワーツ・レガシーは最高の願望成就と言えるだろう。(提供)
世の数十万の熱烈なハリー・ポッターファンにとって、ホグワーツ・レガシーは最高の願望成就と言えるだろう。(提供)
Short Url:
09 Jan 2021 12:01:00 GMT9
09 Jan 2021 12:01:00 GMT9
  • 次世代コンソールでデザイナーたちが困難に直面する中、2021年はゲーマーにとっての楽しみが数多く待ち構えている

アラブニュース

グランツーリスモ 7

ソニーが手がける人気レーシングゲームの「主流」8作目は、PS5初登場となる。次世代コンソールによって改良されたグラフィックスのおかげで、壮観な出来栄えだ。このゲームが駆使する技術的進歩は、それだけではない。PSヨーロッパのエグゼクティブVPを務めるサイモン・ラター氏は、3Dオーディオによってエンジンの種類を聞き分けることが可能になり、音の出どころが分かるようになる、と述べている。新しいデュアルセンスのコントローラーには、進化した触覚フィードバックが備わっている。それが意味するのは、様々なペダルの緊張感、そして異なる路面ごとの多様な「感覚」だ。

ファークライ 6

ユービーアイソフトによる、一人称アクション・アドベンチャー・シューティングゲームの傑作、6作目だ。プレイヤーは自由の闘士、ダニー・ロハス(ゲームの最初にキャラクターの性別を選ぶことができるよう、意図的に男女共通の名前となっている)として残忍な独裁者のアントン・カスティロに立ち向かう。アントンは、架空のカリブの島ヤーラの大統領職を継がせるべく、息子のディエゴを育てている。前作のゲームと同様、プレイヤーはあらゆるリソースを駆使して武器を集めなければならない。だが新たな展開として、政権を倒すために「アミーゴ」を雇えるようになっている。

ヘイロー・インフィニット

デモに対するオンラインの反応は、芳しいものではなかった — グラフィックスは妙に迫力に欠け、ゲームプレーには本質的なイノベーションが不足していたのだ。だが誰もが、開発者の343 Industriesが公開の遅れ(当初は11月、次世代Xbox Series Xのローンチタイトルになるはずだったが、2021年秋へと延期された)をそれら全ての解決にあてるよう期待している。これまでの作品は、史上最高にアドレナリンを誘発するアクションゲームだったのだ。今作でも、前作までのような目も眩むような高みへと、マスターチーフが到達するストーリーへのアップグレードが望まれている。

ロードオブザリング:ゴラム

エンターテイメント界は、トールキンに関するあらゆる事柄に熱狂する。それを踏まえれば、Daedalic Entertainmentによるこのアクション・アドベンチャーが、その出来に関わらず好成績をおさめるだろうというのは正しい意見だ。幸いにも、明らかになっているわずかな情報からは期待できる内容であることがうかがえる。ゴラムは、指輪の力への執着に歪んでしまったクリーチャーだ。ゲームの「ヒーロー」として分かりやすい選択とは言えない。だがデザイナーらは、プレイヤーが選びたくなるキャラクターになるよう工夫を凝らした、と公式に発表している。これは、ゴラムがモルドール、そして同時に自身の多重人格の中を歩んでいかなければいけないステルス・アドベンチャーだ。

ホライゾン:禁じられた西部

『ホライゾン:ゼロ ドーン』は当然ながらヒット作だった。その続編も、同じく好成績を収めることだろう。ビジュアルは間違いなく素晴らしい。プレイヤーは再び、ハンターのアーロイを動かすこととなる。彼女が進んでいくのはリーサルマシンが溢れる世紀末のユタ、ネバダ、カリフォルニアだ。今作では、アーロイはノラ族を脅かす死の病の源を探し、題名の辺境を探索している。ゲームマップは前作よりも大きくなり、水中を含め、幅広い環境が探索地帯として用意されている。

ゴッド・オブ・ウォー:ラグナロク

ベストセラーのアクション・アドベンチャーシリーズ9作目。原作に引き続き、元のギリシャ神話から北欧伝説への移行が行われている。今作でも、プレイヤーが扮するのはクレイトス(幼い息子のアトレウスを連れている)だ。そして再び、大惨事を防ぐという任務を負うことになるだろう。「ラグナロク」とは、北欧神話では、我々も知っているこの世の終わりを示す一連の地殻変動事象のことだ(ユートピアの再生を引き起こすものではあるが)。よってこれは、高くつく賭けになりそうだ。

ホグワーツ・レガシー

世の数十万の熱烈なハリー・ポッターファンにとって、このゲームは最高の願望成就ではないだろうか。プレイヤーは、ホグワーツ魔法魔術学校へ1年生として入学できるのだ。組分け帽子による寮への振り分けを経て、呪文を唱え、薬を作り、戦い、魔獣の扱いを体験していく。全ては、学校の内外を探索するのに必要になるスキルだ。時代設定は1800年代のため、ハリーその人に出会えることは期待しないでおこう。

特に人気
オススメ

return to top