Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ルーヴル・アブダビ、カリグラフィー展で禅画を展示

ルーヴル・アブダビ、カリグラフィー展で禅画を展示

本展は、ポンピドゥー・センターとのパートナーシップにより、抽象画とカリグラフィーを通してイメージとテキストの言語を結びつけている(アブダビ文化観光局 / 写真:ティエリー・オリビア)
本展は、ポンピドゥー・センターとのパートナーシップにより、抽象画とカリグラフィーを通してイメージとテキストの言語を結びつけている(アブダビ文化観光局 / 写真:ティエリー・オリビア)
本展は、ポンピドゥー・センターとのパートナーシップにより、抽象画とカリグラフィーを通してイメージとテキストの言語を結びつけている(アブダビ文化観光局 / 写真:ティエリー・オリビア)
本展は、ポンピドゥー・センターとのパートナーシップにより、抽象画とカリグラフィーを通してイメージとテキストの言語を結びつけている(アブダビ文化観光局 / 写真:ティエリー・オリビア)
Short Url:
13 Mar 2021 08:03:12 GMT9
13 Mar 2021 08:03:12 GMT9

アミン・アッバス  

ドバイ:「抽象画とカリグラフィー:普遍的な言語を目指して」は、ルーヴル・アブダビの2021年最初の国際展で、アジアやアラビアのカリグラフィーの起源を辿り、世界各地でインスピレーションを与え合った場所を示しながら、サインやシンボルを通して現代の抽象画の黎明期を探るために、世界中の人々を招待する。

ポンピドゥー・センターとルーヴル・アブダビとの2度目の大型コラボレーションとなるこの展覧会は、ディディエ・オッティンジャーがキュレーションを担当し、マリー・サレがアシスタントを務める。この国際的な展覧会のスポンサーは、革新的なクラフトマンシップで文字文化に影響を与え続けているメゾン、モンブランだ。

本展では、16のパートナー機関から貸し出された80点以上の作品と、ルーヴル・アブダビの常設コレクションから6点の作品が展示され、パウル・クレー、アンドレ・マッソン、ジャクソン・ポロックなど、20世紀を代表する抽象芸術家たちの作品が紹介される。

ルーヴル・アブダビのシニア・コレクション&データベース・オフィサーのアリス・ケリンは、アラブニュースジャパンの独占取材に応じ、次のように述べた。「2年がかりで計画したこの展覧会を開催するのは簡単ではありませんでした。パンデミックの間、丸1年かけて計画と組織化を行いました。この展覧会は、私たちの長期的なパートナーであるパリのポンピドゥー・センターとフランスの美術館とともに組織しました」

ケリンによると、この展覧会は2021年に開催される美術館の最初の展覧会であり、世界中から集まった16人の貸し手による80点以上の名作が展示されるという。

「この展覧会は、ルーヴル・アブダビの第3シーズンのテーマである『東洋と西洋の交流』の一環であり、東洋の芸術表現に影響を受けた20世紀初頭の抽象画と抽象芸術家について作りたかったのです」と彼女は説明した。

ルーヴル・アブダビのアクティング・カルチュラル・プログラミング・マネージャーのアリア・アル・シャムシによると、美術館では来館者のために真剣な安全対策が取られているという。

「この展覧会は、芸術・文化の国際的なイベントの物語を広げるものと考えており、この展覧会では、私たちのコミュニティをターゲットにしています。この展覧会が幅広い層の人々に届くように、アブダビの多くの機関と協力しています」とアル・シャムシは付け加えた。

本展で展示される3枚の禅画は、仏教で培われた思想の偏在のアレゴリーを表すシンボルを描いている。始まりも終わりもない円である「円相」は、自然の絶対的な本質から湧き出る仏陀の知恵の表れと考えられている。完全なる統一の象徴として、それはすべての対立物を超越し、同時にそれらを空にするものだ。

東嶺円慈の掛物は、彼が最も得意とするテーマのひとつで、2つの半円が刻まれている。右側の半円は、より細い筆で描かれている。躍動感のある筆致は、構図に暗示的な躍動感を与え、永遠の動きを感じさせる。慈雲飲光の警策の絵は、掛物の中央を縦に走るユニークな線状のストロークを表現しており、持続力の概念を反映している。このシンボルは、師匠が瞑想中に弟子を「目覚めさせる」ために使った平たい木の棒、「警策」を表している。シンプルな中にも、人間の経験が持つ二面性を感じさせる、素晴らしい作品だ。

右側の鮮やかな線は、左側の墨の密集した効果と対照を成している。また、掛物の中央、警策の左側には、仏法の永続的な存在を示す銘文が刻まれている。

禅宗の開祖である菩提達磨の寓意的な姿は、最も人気のある公案と直接的な関係がある。この絵では、慈雲飲光はわずか3ストロークで人物を描いており、技術的な名人芸はないが、示唆に富むシンプルさがある。また、「無功徳」と書かれた上の部分は、太い筆に濃い墨をたっぷりと含ませて書かれたもので、同様の性質を持っている。禅の経験を芸術の表現として説明することは無意味である。

禅の認識では、芸術は意味を持たずにそれ自身で成立する。象徴やアレゴリーの複雑な背景があっても、納得のいく解釈ができるとは限らない。したがって、禅の作品を理解するには、絵に没頭し、無意識のうちに自分を空っぽにして悟りを開くことが必要である。

本展では、ディア・アザウィ、アンワール・ジャラル・シェムザ、ガーダ・アメル、シラゼ・ハウシャリー、モナ・ハトゥームなど、20世紀から21世紀にかけて活躍したアラブのアーティストたちにも焦点を当てている。彼らにとって、文字の形は継続的なインスピレーションの源であり、文字を純粋な言語的機能から解放し、新たな芸術的価値がもたらされた。

本展ではさらに、エル・シードとサンキ・キングの2人の現代アーティストによるインスタレーションも展示されており、現在の社会の変化に対応するために、今日のアーティストがいかに新しい視覚的形態を求めているかを示している。

ルーヴル・アブダビの教育チームは、展覧会の現場での体験を促進するために、若い来館者とその家族を対象に、展覧会の空間と作品を案内するデジタル学習教材を開発した。アニメーションキャラクター「カラム」が、来場者の案内役となり、作品やアーティストとの交流を促す。これらのインタラクションは、創造的な表現を刺激し、子どもたちが絵文字、アルファベット、抽象化の歴史について学ぶことを目的としている。少人数のグループであれば、ミュージアム・エデュケーターと一緒に展覧会を鑑賞する45分のエクスプレス・ツアーを予約することができる。

展覧会では、英語、アラビア語、フランス語の詳細なカタログが提供される。 このカタログは、展覧会のテーマ、動き、瞬間をより深く掘り下げたものとなっている。

特に人気
オススメ

return to top