Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ミシェル・オバマ夫人、スポークン・ワード・アルバム部門でグラミー賞受賞

ミシェル・オバマ夫人、スポークン・ワード・アルバム部門でグラミー賞受賞

27 Jan 2020
ミシェル夫人の回想録『Becoming(マイストーリー)』のオーディオ・ブックが、最優秀スポークン・ワード・アルバム賞に選ばれた (AFP)
ミシェル夫人の回想録『Becoming(マイストーリー)』のオーディオ・ブックが、最優秀スポークン・ワード・アルバム賞に選ばれた (AFP)
Short Url:
Updated 27 Jan 2020
27 Jan 2020

ロサンゼルス:ミシェル・オバマ元大統領夫人の履歴書に、グラミー賞受賞の経歴が加わる。音楽業界の一大イベントであるグラミー賞授与式で、ミシェル夫人の回想録『Becoming(マイストーリー)』のオーディオ・ブックが、最優秀スポークン・ワード・アルバム賞に選ばれたのだ。

受賞は日曜日に決まった。バラク・オバマ前大統領の著作も過去に二度、スポークン・ワード・アルバム賞を受賞しているため、今回のミシェル夫人の受賞はオバマ家にとって三度目のグラミー賞受賞となる。

ミシェル夫人は一風変わったライバルたちを押しのけ、今回の受賞を勝ち取った。同部門では、ビースティ・ボーイズのマイケル・ダイヤモンド氏とアダム・ホロヴィッツ氏による『Beastie Boys Book』や、ジョン・ウォーターズ氏による『Mr. Know-It-All』などがノミネートされていた。

AFP

topics
Most Popular
Recommended

return to top