Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 15歳のサウジ人女性ピアニストが彼女の音楽の旅を振り返る

15歳のサウジ人女性ピアニストが彼女の音楽の旅を振り返る

10 Feb 2020
ダリーン・カリドはたった11ヶ月前に演奏を始めた独学のピアニストである。(写真/供給された)
ダリーン・カリドはたった11ヶ月前に演奏を始めた独学のピアニストである。(写真/供給された)
Short Url:
Updated 10 Feb 2020
10 Feb 2020

・パブリックスピーキングのお陰で、ダリーンは聴衆の前で、特にいくつかのリヤド・シーズンのゾーンで、より自信を持って快適に演奏できるようになった

ロジエン・ベン・ガッセム、リヤド

音楽家の家庭に生まれた、若いピアニストのダリーン・カリドは、彼女の家族が豊富に持ち合わせている芸術家としての才能の一部になりたがっていた。

15歳の彼女の父はウード、バイオリン、そしてキーボードといったいくつかの楽器を演奏する芸術家である。

「私は様々な形で音楽を聴いて育ちました。最近、私はピアノに向かってクラシック音楽を演奏している自分に気づきました。その時から、独学で勉強してみようと思ったのです。」彼女は語った。

独学のピアニストはつい11ヶ月前に演奏を始めた。

音楽を演奏する他に、ダリーンはパブリックスピーキング、プレゼンテーションすること、水泳、サイクリング、描画にも興味を持っている。

「私は活動的な人間で、人生でいつも新しいことを経験することが好きなのです」彼女は語った。

ダリーンの家族、特に両親は彼女の音楽家の夢を支援し、その実現を助けてきました。

プロのピアニストになるために必要な期間が決められているわけではない、と彼女は言った。「スキルと専門性さえあれば、誰もがプロになれるのです。」

「まだ学びの途中にいる」と語る若き才能は、将来プロのピアニストになることを熱望している。

ピアノを演奏する上での彼女の目標は、観客に彼女のメッセージを届けることだ。「クラシック音楽は若い年代でも演奏し楽しむことができます。」

パブリックスピーキングのお陰で、ダリーンは聴衆の前で、特にいくつかのリヤド・シーズンのゾーンで、より自信を持って快適に演奏できるようになった。「もちろん、時々不安になります。」

ダリーンはリャド・シーズンの公衆の前で演奏を始めた。初め、彼女はピアノを解放しているカフェやレストランに行き始めた。

彼女はリャド・シーズンは彼女がピアニストとして成長する素晴らしい機会を与えてくれた、と語った。

「私が初めて演奏をしたゾーンはナブド・アル=リャドで、その後異なるゾーンに移りました。」と話した。

ダリーンはシーズンでの彼女のパフォーマンスに対する肯定的な反応に圧倒されました。 「彼らはとても協力的でした。 私がピアノを弾くたびに、人々は私の演奏と私が選んだ音楽を楽しんでいるようです。」

彼女はお気に入りのピアニストを選ぶのが難しいと感じています。 「私の好きなピアニストが誰であるかは決して言えません。すべてのピアニストが自分の感情や感情を表現する独自の方法を持っているので、選ぶには難しすぎるのです」と彼女は言いました。

彼女は、将来のサウジアラビアのすべてのシーズンに参加したい、どんな機会も歓迎するとアラブニュースに伝えた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top