Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • UAEに拠点を置く文化団体が日本語セッションを企画

UAEに拠点を置く文化団体が日本語セッションを企画

18 Feb 2020
アブダビに拠点を置くハルシャ・エクスペリエンスは、前向きな文化交流の促進を目指す団体だ。(ANフォト)
アブダビに拠点を置くハルシャ・エクスペリエンスは、前向きな文化交流の促進を目指す団体だ。(ANフォト)
Short Url:
Updated 18 Feb 2020
18 Feb 2020

アミン・アッバス、アブダビ

ハルシャ・エクスペリエンスとして知られるアラブ首長国連邦と日本の文化団体が、2月15日にUAEで日本語セッションを主催し、日本人ネイティブスピーカーや、言葉を一緒に練習したいその他の住民らが集まった。

アブダビに拠点を置くハルシャ・エクスペリエンスは、前向きな文化交流の促進を目指す団体だ。

ハルシャ・エクスペリエンスのアンナ・アルダルマキ局長は次のように語った:「私たちは、日本語の会話スキルの交流に興味がある人々のために、この集いを始めました。セッションはUAEに拠点を置く日本語のネイティブスピーカーと日本語を話したい人たちに2週間に1回チャンスを与えることを目指しています」。

「この集いのアイデアは、日本語を学ぶ人のほとんどが独学や、学校、オンラインコースを通して学んでいるということです。彼らは日本語を話す適切な場所や人を知りません。だからこそ、みんなにモチベーションを維持してもらい、日本語を話してもらうためのこういった集いを作ったのです」。

ハルシャ・エクスペリエンスの新会員、オマール・アル・ロマイティはこう語った:「アラビア語と日本語のスキルや文化を学び、交流できる素晴らしい団体です」。

「集まりは、文化交流ができたので楽しかったです。これは私にとってとても重要です。4年間日本語を学んできましたが、日本語の会話には問題を抱えていました。私にとって、日本語を向上させることのできる素晴らしい機会です」と、彼は付け加えた。

日本人学生でEFジャパン・アンバサダーの中安将也は次のように語った:「日本語を学びたがっている人のこれほど大きな団体がアブダビにあるとは知らなかったので、この集いではとても楽しみました。一緒にもっとアクティビティができることを楽しみにしています」。

「アイデアやテーマを共有して日本語で話すというのは素晴らしいことです。お互いのことを理解できますし、よりお互いの距離が縮まります」と彼女は語った。

topics
Most Popular
Recommended

return to top