Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 自動車メーカー各社がコロナウィルスとの戦いに加わる中、フォルクスワーゲンは3Dプリンターによる人工呼吸器をテスト

自動車メーカー各社がコロナウィルスとの戦いに加わる中、フォルクスワーゲンは3Dプリンターによる人工呼吸器をテスト

22 Mar 2020
自動車メーカー各社は、不足している人工呼吸器などの装置の生産を拡大すると話している。(ロイター通信)
自動車メーカー各社は、不足している人工呼吸器などの装置の生産を拡大すると話している。(ロイター通信)
Short Url:
Updated 23 Mar 2020
22 Mar 2020

フランクフルト: ドイツ自動車メーカー、フォルクスワーゲンによると、同社はコロナウィルスに対抗するため、世界の他のメーカーと共同して、3Dプリンティング技術を用いた病院用の人工呼吸器の製造を検討している。

各国政府は、急速に拡大するコロナウィルス感染症の治療用の人工呼吸器などの装置の製造を強化するために、フォード、ゼネラルモーターズ、フェラーリそして日産などの自動車メーカーに協力を求めている。

フォルクスワーゲンは声明で、特別チームを編成して、3Dプリンティング技術を用いて病院用の人工呼吸器などの救命装置の製造を支援する方法を確かめるために、材料のテストやサプライチェーンの確認を行っている、と述べた。

フォルクスワーゲンは、「医療機器は、わが社にとって新分野です。しかし、必要条件を理解し、設計図を受け取れば、すぐにでも始められます」と述べ、さらに、試作品の部品のプリンティングは完了しており、同社のスコダ製造部門がこのプロジェクトに参加している、とつけ加えた。

広報担当者によると、ヴォルフスブルクに拠点を置くフォルクスワーゲンは、125台の産業用3Dプリンターを所有していて、各国政府やその他の官庁と緊密に連絡を取っている、とのことだ。

ゼネラルモーターズによると、同社の物流管理や専門知識を活用して、人工呼吸器の生産台数を増加できるように、医療機器メーカー、ヴェンテック・ライフ・システムズと協力している、とのことだ。

「わが社は、わが国の新コロナウィルスとの戦いを支援するために、ヴェンテックの極めて重要な呼吸装置関連製品の生産を急速に拡大するために、同社と緊密に協力しています」と、ゼネラル・モーターズのCEOメアリー・バーラは語った。

フォルクスワーゲンのスポーツカーブランド、ポルシェも救援活動を支援したい希望を表明した。「人道的支援に関してわが社にできることについてアイディアを集めているところです」と、最高経営責任者オリバー・ブルーメは語った。

ミュンヘンに拠点を置く自動車メーカーBMWも、支援の準備はできていると言った。「3Dプリンティング技術を用いた部品の製造が実現可能なものです」と、同社は語った。

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボは全ての国の政府に、この危機を真剣に受け止め、移動を制限するように要請した。

「経済のためには、だらだらといつまでも続く中途半端な対策を試すのではなく、思い切ったことを行う必要があると思います」と、最高経営責任者ハカン・サミュエルソンは語った。

自動車産業の復活のチャンスは、協調した行動にかかっている、とサミュエルソンはロイター通信に話した。

「国によって大きな相違があります。レストランや学校を閉鎖して、外出禁止を行っている国もありますが、それほど思い切った対策を行っていない国もあります。もっと対策を同期させていく必要があると強く思います。」

ロイター通信

topics
Most Popular
Recommended

return to top